京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

栴檀、咲き終わり

センダン(栴檀)の花はほとんど終わっていた。

栴檀
2023.6.4 12:30 PM

花が終われば次は実だ。
実(み)こそ 「千団子」 という呼び名の元だから沢山なってほしい。
(註:この木はもともと 「おうち」 という木だったが、実(み)が団子(だんご)のように見えて、それが沢山なるので 「千団子」 と呼ばれ、それが短縮されて 「千団(せんだん)」 と呼びならわされ、それに 「栴檀」 の字が宛てられたという経緯があるそうだ)
ところが、実(み)はほとんどない。

栴檀
2023.6.4

そりゃそうだろう、花が花柄ごと落ちていたのだから。

落花
花柄ごと落ちていた
 (2023.5.20)

こちらは、数少ない実(み)のひとつ。
これじゃ 「千団子」 にはなりそうにない。

栴檀
2023.6.4
  • ことし、センダン(栴檀)の花は長く咲き続けていた。
  • 花が花柄ごと落ちていた。

今年のセンダンの様子はかくの如く異常だった。

撮影地点=地図

2023.6.4







栴檀、まだ咲いてる

ことしは、栴檀の花をずっと追い続けている。

5月17日には見ごろを迎えたが( こちら、2023.5.17 )、きょう見たら、まだ満開が続いていた。

栴檀
2023.5.28 12:30 PM

へぇー、栴檀って花の時期がこんなに長かったかなぁー
これまで気にしたこともなかった。

栴檀
2023.5.28

足下を見たら、花びらがけっこう散ってるのに、まだ満開と云うことは次々咲いてくるのだろうか。

栴檀
2023.5.28

気になるのは花柄から花全体が落ちていることだ。
こんな状態だと実がならないかと心配だ。

栴檀
2023.5.28

こちらはきょうの全景。 (
木全体は相変わらず、紫の霞がかかったように見えていた。

栴檀
2023.5.28

撮影地点=地図

2023.5.28







ホタルブクロ

去年と同じ場所に 『ホタルブクロ』 が咲いていた。

蛍袋
2023.5.28 12:00 PM

咲き始めなのか、蕾も多い。
花は白いけど、咲く前は黄緑なのか。

蛍袋
2023.5.28

こっちは、釣鐘を下からのぞいてみると、表からはあまり分からない黒い斑点がいっぱいある。
真ん中の白いのがメシベか。

蛍袋
2023.5.28

撮影地点=地図

2023.5.28










タイサンボク

おや、もうタイサンボクが咲いてるではないか。

タイサンボク
2023.5.25 14:20 PM

もうそんな季節になったのか。
外人の女性がいたので、この花、酸っぱいような匂いがするので 「レモンの匂いがするよ」 と声を掛けたら嗅いでみて、「レモンじゃなくてマグノリア(の匂い)だ」 と言い返された。(笑)

タイサンボク
2023.5.25

咲いて少し日が経つのか、もう割れているようなのがあった。 (
「少し経つ」と書いたが、 こちらの記事 によると、1日でだめになるようだ。

タイサンボク
2023.5.25

こちらは、いま咲こうとしているところらしい。 (
やっぱり新鮮なのは美しい。

タイサンボク
2023.5.25

こちらは蕾。 (

タイサンボク
2023.5.25

そして、おやおやこちらはもう咲き終わった花。
ということは、このタイサンボク、しばらく前から咲いていたのか。

タイサンボク
2023.5.25

きょうのこの状況を見ると、咲き終わったのから蕾まで、いろんな段階の花があったので、この調子だと今後しばらく楽しめそうだ。

撮影地点=地図

2023.5.25










春紫苑か 姫女苑か

京都御苑でもっともポピュラーな野草は 『春紫苑(ハルジオン)』 や 『姫女苑(ヒメジョオン)』 といっていいだろう。
このふたつ、よく似ていて区別がつきにくいが、私は

▶ 春先に咲くのは春紫苑(ハルジオン)
▶ それが、5月下旬頃から姫女苑(ヒメジョオン)にとって変わる

と理解している。

きょう御苑内を歩いていたら ハルジオンかヒメジョオンか分からないが、密生しているところがあった。

春紫苑
2023.5.25 14:10 PM

人に歩かないところだから密生しても当然だが、これだけ密生してるのも珍しい。
だから。ついカメラを向けてしまった。

春紫苑
2023.5.25

これから咲こうとしている蕾(?)が淡い赤紫色なのも好ましい。

春紫苑
2023.5.25

おやおや、こちら花びらの先が垂れている。 (
花が咲いて、時間が経つとこんな具合になるようだ。

春紫苑
2023.5.25

さてこの野草は 『春紫苑(ハルジオン)』 か 『姫女苑(ヒメジョオン)』 か。
もう5月も下旬だから、これは多分 『姫女苑(ヒメジョオン)』 だろうと思って、茎の中を見てみた。

春紫苑
2023.5.25

中が空洞だ。(白いわたのようなもの(髄)が詰まってない)

ということは 『春紫苑(ハルジオン)』 だった。

撮影地点=地図

2023.5.25