京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

黄緑の桜

黄緑の桜が満開だった。

緑桜
2024.4.18 11:40 AM

ふつう黄緑の花の桜だと "御衣黄" だと云われるが、果たしてこれは "御衣黄" か。

緑桜
2024.4.18

私は、 "園里黄桜(ソノサトキザクラ)" ではないかと書いたことがあった。( 記事は こちら、2023.4.13

緑桜
2024.4.18

専門家によると 「DNA鑑定しないと判定できない」 と慎重だ。

緑桜
2024.4.18

謎のサクラである。

緑桜
2024.4.18

撮影地点=地図

2024.4.18







ヤマグワの花

去年春、このブログで初めて『ヤマグワ(山桑)』の花をレポートしたことがある。
ことしもこの花の時期に出会えた。

山桑
2024.4.18 11:40 AM

緑づくしで、撮りにくい光景だ。

山桑
2024.4.18

しかも、これは咲いているのか、蕾なのか、はたまた咲き終わりなのか。

山桑
2024.4.18

こちら ( )は、ヤマグワのきょうの全景。

山桑
2024.4.18

形の良い巨木だ。

撮影地点=地図

2024.4.18







上溝桜 (3)

ここのところ、急に暖かくなった。
11日以来連日、最高気温が 20℃ を超えており、きのうは 25.8℃ まで上がった。
そのせいか たった3日前、満開近いとレポートした上溝桜 が、きょうは もう散り果てていた。

上溝桜
2024.4.18 11:30 AM

ブラシのような形は残っていた。

上溝桜
2024.4.18

これがきょうの全景。 (

上溝桜
2024.4.18 11:30 AM

こちらは去年の同じ風景。 (
去年は 4月10日だったから、今年より1週間早かったことになる。

去年
去年の様子
(2023.4.10 09:00 AM)

撮影地点=地図

2024.4.18







山桜の不思議な実

さきほどの上溝桜( 樹木番号J516) の隣にあるヤマザクラの木に、実がたくさんなっていた。

桜の実
2024.4.18 11:20 AM

きれいな緑色の実が豊作だ。
大きくなれば "サクランボ" になるんだけど、ヤマザクラの実は "サクランボ" にはならない。

桜の実
2024.4.18

ところが、緑色の実の他に、薄い黄色のちょっと大きめの実がなっていた。
これはなんだ? (多分 これも "実" だろう)

桜の実
2024.4.18

なかには、一部が赤くなった実もある。
これは 奇形なのか ? (熟した訳ではなかろう)

桜の実
2024.4.18

そのヤマザクラの全景。 (

桜の実
2024.4.18

---------------------------------------

その近くの 別のヤマザクラ。
こちらは、"さっきこれなんだ?" とつぶやいたのと同じ 、薄い黄色のちょっと大きめの実ばかりだ。

桜の実
2024.4.18 11:30 AM

薄い黄色の実ばかりで、ふつう見られる、緑の丸ぁるい実は見当たらない。
どうしたことか。

桜の実
2024.4.18

何か異変でもあったのか?
それとも、例年こうだったんだが、去年まで気づかなかったのか。

桜の実
2024.4.18

まぁ、もう少し様子を見よう。

桜の実
2024.4.18

こちらのヤマザクラは ちょうど2週間前 「穴あき桜」 と呼んで紹介した桜だ。 (

桜の実
2024.4.18

当時は満開だった。
それからたった2週間でこんなに実がなったことになる。

満開の頃
満開の頃の様子
(2024.4.4)

撮影地点=地図

2024.4.18








上溝桜 (2)

前にレポートした上溝桜 とは別の上溝桜( 樹木番号J516)が見ごろを迎えていた。

上溝桜
2024.4.18 11:10 AM

上溝桜
2024.4.18

上溝桜
2024.4.18

上溝桜
2024.4.18

撮影地点=地図

2024.4.18