京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ナワシログミ

ナワシログミ | 京都御苑葉っぱの先が黄色くなった面白い木があった。

苗代茱
2024.2.28 11:40 AM

秋にみられる 普通の 『黄葉』 ではなさそうだ。
冬になって、葉っぱの先にまで水が行きわたらなくて枯れた状態なのか、よくわからない。

---------------------------------------
はて、これはなんという木か?

苗代茱
2024.2.28

よく見ると、実のようなものがぶらさがっていた。

苗代茱
2024.2.28

しらべてみると、この木は 『ナワシログミ』 という木らしい。

苗代茱
2024.2.28

『ナワシログミ』 と云えば、以前、御苑でもみたことあるなぁー と思った。
それで探したら、花を撮った画像があった。 (

ナワシログミの花
かつて見たナワシログミの花
(2020.10.15)

撮影地点=地図

2024.2.28








御所の紅白梅

梅 | 紅白梅 | 京都御所京都御所、御常御殿南側にある紅白梅は、紅梅は満開だが、白梅は散ったあとだった。

御常御殿
2024.2.28 11:10 AM

10日前に見たときは、白梅は満開だったが紅梅は2~3分咲きだった。 (

御常御殿
こちらは 白梅が満開、紅梅は2~3分咲きのときの様子 (2024.2.18 13:00 PM)

それで、そろそろ左右の "紅白" が揃って咲いているだろうと思って見に来たのだった。
きょうの白梅 ( )は散りつくしていて、うまくいかなかった。

御常御殿
2024.2.28

揃って見ることはできなかったものの、紅梅のほうは ちょうど "満開" でまさに見ごろだった。

御常御殿
2024.2.28

紅白揃って見るのはむつかしいようだ。

御常御殿
2024.2.28

でも、紅白揃って見られた年もあった。(

揃った光景
紅白揃って見られたこともあった
(2022.3.13)

このときは、日付が 「3月13日」 だから、ことしは2週間も早い。
暖冬を思い知らされた。

2024.2.28








満開の白梅

梅 | 白梅 | 京都御苑白梅が満開だった。

白梅
2024.2.24 12:00 PM

苑内の梅林がまだ見ごろとなってないので、人はこちらの木に吸い寄せられるようだ。

白梅
2024.2.24

カメラを持った人が次々と訪れる。

白梅
2024.2.24

梅と云うのは、満開になると散る始めるらしい。
木の下には白い花びらが散っていた。

白梅
2024.2.24

撮影地点=地図

2024.2.24








サザンカ (4)

サザンカ | 山茶花 | 京都御所この冬、サザンカをレポートするのはこれで4回目だが、美しく咲いていたのでお許し願いたい。

サザンカは苑内各所に植えられていて、冬の花として楽しませてくれているが、きれいに咲くサザンカは少ない。
赤いサザンカがきれいに咲いていた。

山茶花
2024.2.18 14:20 PM

珍しくこの木は花が満載だ。

山茶花
2024.2.18


山茶花
2024.2.18

撮影地点=地図

2024.2.18








黒木の梅 咲き始め

京都御苑内の梅もだいぶ咲いてきた。
遅咲きの 『黒木の梅』 が気になった。
近くを通ったので寄ってみると、(きょうは日曜のせいか) 人がちらほら訪れていた。
やっぱり人気がある。

黒木
2024.2.18 14:10 PM

あちらに一輪、こちらに一輪 ・・・ とほんの数輪咲いている程度だ。
近くにいた人に 「おぉ、咲き始めましたねぇー」 と声をかけたところ 「そーですね、蕾は大きくなってますがまだですねぇー」 との答えが返ってきた。

黒木
2024.2.18

もう一人は 「これが全部咲いたらすごいやろなぁー」 とつぶやいていた。
まっ赤な蕾がよくついているので、その方の想像もあながち外れてないだろう。

黒木
2024.2.18

近年、この 『黒木の梅』 の樹勢が衰えているように私には感じられるので、ことしは挽回できそうだとの期待が高まる。


2024.2.18

蕾がふくらんで、もういまにも開花しそうな花もあった。


2024.2.18


撮影地点=地図

2024.2.18