京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

メタセコイア

メタセコイアが西に傾いた陽の光を浴びて赤茶色に輝いていた。

曙杉
2020.11.30 15:30 PM

数日前から観察していたが、やっと秋の色になってきた。

撮影地点=地図
2020.11.30










十月桜

十月桜が例年になくよく咲いていた。

桜
2020.11.30

花の少ないこの時期には貴重な花だ。

桜
2020.11.30

桜
2020.11.30


撮影地点=地図
2020.11.30











ケヤキ散る

ケヤキの巨木が葉をほとんど落とし終わっていた。

欅
2020.11.30 15:00 PM

芝生の上には葉っぱが降り積もっていた。

欅
2020.11.30

御苑はいよいよ冬仕度だ。

撮影地点=地図
2020.11.30







秋深まる

大きな銀杏の木が黄色く色づき、辺りのもみじが赤く色づき、色とりどりの秋の景色が広がっていた。

銀杏
2020.11.27 12:50 PM

いまは新型コロナウイルスの影響で京都御苑を訪れる人は少ないが、それでもこの風景は絵になるので入れ替わり人が来てはカメラに収めていく。

銀杏
2020.11.27

青空と相俟ってしばし見とれる光景だ。

撮影地点=地図
2020.11.27








さざんかの咲くころ

さざんかの花が苑内で咲いていいる。
さざんかが咲くころになったのだ。

ここに咲いているのは赤いサザンカ。

山茶花
2020.11.27

冬の京都御苑は花が少なくて寂しいが、このようにたくさん咲いていると目の保養になる。

山茶花
2020.11.27

咲き始めはまっかだ。

山茶花
2020.11.27

撮影地点=地図
2020.11.27