京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

クスノキ

けさ京都御苑(きょうとぎょえん)に行ったら、クスノキの花が咲いていた。

楠木の花
2014.5.18 07:10 AM

白い枝みたいなのがニョキニョキでているのは先日から気づいていた。
けさ近づいてよ~く見ると花が咲いでいる。
ほとんど目立たない。

楠木の花
2014.5.18

kusu_kiji_2013.jpg実は、このクスノキは京都新聞に紹介されたことがある。

京都に赴任されてきた共同通信の記者が、御苑の中を歩いていて「気になる木」ができた、というもの。
【京都新聞 2013.11.14 朝刊 p.7】

「(枝の)途中をつっかい棒で支えられている」と書かれているので、このクスノキに違いない。

kusu943.jpg
2014.6.2

kusu947.jpg
2014.6.2

この木に限らず、京都御苑内では長く張り出した巨木の枝を支柱で支えてもらっているのをよく見かける。
そんな樹木にとって御苑は天国だなと思う。

撮影地点=京都御苑の南東、富小路運動公園の脇
2014.5.18










ニシキウツギ

けさ京都御苑(きょうとぎょえん)に行ったら、例のニシキウツギがきれいに咲いていた。


2014.5.18 07:00 AM

朝早いので人は少ないが、それでも私が写真を撮っていたら、足を止めて見入る人があった。
咲いている花が気になられたのか、それとも写真を撮っているのを珍しがられたのか・・・

utsugi_901.jpg
2014.5.18

その人が私に 「アジサイの葉っぱみたいですね」 と声をかけてくれた。
なるほど言われてみれば・・・  似てるなぁ

花は、赤いのや白いのが・・・  あぁ、それで 『二色(にしき)うつぎ』 というんだった。
去年のブログ記事を思い出した。

utsugi_907.jpg
2014.5.18


鷹司邸跡
2014.5.18














あしたは葵祭

あした(5月15日)は「葵祭」がある。
「葵祭」は賀茂の神々の祟りを鎮めるために勅使(ちょくし)(天皇の使い)が賀茂の神社(下鴨神社と上賀茂神社)に捧げものを届ける行列だそうだ。従って勅使の行列は当然御所から出発する。

けさ京都御苑(きょうとぎょえん)に行ったら、もう観覧席の椅子が整然と並べられていて、その有様は実に見事だった。


2014.5.14 07:35 AM

小説「源氏物語」に車争いのエピソードがある。
「葵祭」(当時は賀茂の祭といったらしい)の行列に加わっている光源氏を見ようと、正妻と愛人が 見物席の場所取りで争うという面白い場面だ。
正確には、葵祭の行列ではなく、葵祭の斎院(さいいん)御禊(ごけい)(みそぎ)に行く行列のときのハプニングらしいが)

当時は人口も少なく、見物に押し合いへし合いという混雑もなかったと思うが、恋のさや当てが高じてけんかになったのだろう。
今日では当時とは比べ物にならない位の見物人の数だが、押し合いへし合いということもなく、こういった椅子席でゆっくり鑑賞できるようになっている。

こうすれば「源氏物語」のような野卑なハプニングやトラブルはなくなるものの、上品になった現代は、まぁちょっと淋しい気もする。
人はもともと野卑なものだ。
整然と並べられた椅子を見てそんなことを思った。

撮影地点=地図
2014.5.14








ハナショウブ(花菖蒲)

ショウブ(菖蒲)の花が咲きはじめた。
「ハナショウブ」だ。


2014.5.14 07:30 AM

近衛池のほとりに咲くカキツバタ(杜若)はすがすがしい青紫だったが、こちらは鮮やかな黄色だ。

shobu_885.jpg
2014.5.14


shobu_886.jpg
2014.5.14

こちらはこれから咲こうとしているところ。

shobu_887.jpg
2014.5.14


撮影地点=出水の小川地区
2014.5.14









オヤブジラミ ?

けさ京都御苑(きょうとぎょえん)を歩いていたら、小さな白い花をつけた雑草らしい雑草に出会った。


2014.5.12 08:10 AM

葉っぱはヨモギみたいな感じだが・・・ 

oyabu_jirami_873.jpg
2014.5.12

白い花は毛むくじゃらの虫みたいな上に咲くようだ。

oyabu_jirami_874.jpg
2014.5.12

これが毛むくじゃらの虫みたいなもの。

oyabu_jirami_875.jpg
2014.5.12

その先に花か咲くようだ。
本当に地味な草で、気にしないと気づかない。

oyabu_jirami_876.jpg
2014.5.12

何という草なのか、ウチに帰って調べてみたらどうやら「オヤブジラミ」という草らしかった。

あの毛むくじゃらの虫みたいなものがシラミ(虱)に似ているからか。
シラミって見たことないが、もっと小さい虫のはずだから、この虱は大きい。
だから、薮に生えている大(おお)きいシラミの意味で「オオ ヤブジラミ」かと思ったら、大(おお)じゃなくて雄(お)だという。

撮影地点=地図
2014.5.12









モミジの種

このブログでは京都御苑(きょうとぎょえん)の四季の移ろいをレポートしているが、梅・桃・桜と続いたビッグイベントが終わって、これといった変化がなく淋しい。

先月初めに新緑の若葉が萌え出し花が咲いたモミジのところに寄ってみたら、もう種ができていた。 早いなぁ

モミジの実
2014.5.10 12:05 PM

赤い種というのもおもしろい。
たった 1か月前、花が咲きかけた頃はこうだった。

モミジの花
2014.4.4

あんなにたくさんの花が咲いたのに、(たね)の出来が少ないのが ちょっと気になった。

撮影地点=苑内にモミジは無数にあるが、写真を撮ったのはここにあるモミジ
2014.5.10












ウワミズザクラ (3)

このブログでは京都御苑(きょうとぎょえん)の四季の移ろいをレポートしているが、梅・桃・桜と続いたビッグイベントが終わって、これといった変化がなく淋しい。

4月中旬に満開になったウワミズザクラ(上溝桜)のところに寄ってみた。
花の散った後に()みたいなのがたくさん付いていた。

uwamizu_802.jpg
2014.5.9 07:50 AM

ちなみに、下は3週間前(4月19日)の満開のときの様子。

きょうのウワミズザクラ
2014.4.19


撮影地点=駐車場の東
2014.5.9








クスの巨木

5月になった。
日常生活が忙しくて「四季の移ろい」を見に京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れる機会を失っていたが、久しぶりに行ってみた。

御苑内には多くのクスノキ(楠)がある。
そのクスノキにマッチ棒の形をした芽がいっぱい出ていた。
調べたら、専門用語で「花茎」というらしい。

クスノキの「花茎」
2014.5.6 09:30 AM

この「花茎」からは、もうじき花が咲くはずだ。

クスノキの「花茎」
2014.5.6

このクスノキは御苑内の東南部にある「富小路(とみのこうじ)広場」の南側に何本も生えているクスノキの巨木の1本。

クスノキの巨木
2014.5.6

この頃の葉っぱは新緑の明るい緑色をしていて、クスノキは遠くからでもよく見分けられる。

クスノキの巨木
2014.5.6

木の下には落ち葉が降り積もっていた。

クスノキの落ち葉
2014.5.6


撮影地点=地図
2014.5.6










スダジイ

5月になった。
日常生活が忙しくて「四季の移ろい」を見に京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れる機会を失っていたが、久しぶりに行ってみた。

御苑内に「スダジイ」がある。
上京区民の誇りの木 に選定されている銘木だ。

スダジイ
2014.5.6 09:00 AM

スダジイのところに行ったら、去年と同様の「穂」のようなものが出ていた。

スダジイ
2014.5.6

シイ(椎)はみんなこんな穂がつく。

スダジイ
2014.5.6

よく見ないと気づかないが、春だけに見られる風景だ。

撮影地点=地図
2014.5.6










杜若(カキツバタ)

5月になった。
日常生活が忙しくて「四季の移ろい」を見に京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れる機会を失っていたが、久しぶりに行ってみた。

去年、杜若(カキツバタ)を見に行ったら 『花は(しお)れてくちゃくちゃとなったのがあ』って『もう咲き終わったみたいだった』
     【2013.5.19 ⇒ こちら をクリックすると別の画面で開きます。】

それを思い出したので、同じ場所に行ってみた。
おぉ、3つ咲いてる咲いてる
咲いたところみたいだ。

杜若(カキツバタ)
2014.5.6 08:45 AM

緑と青紫の取り合わせがすがすがしかった。
皐月(さつき)、5月だなぁ と思った。

杜若(カキツバタ)
2014.5.6


撮影地点=近衛池のほとり
2014.5.6










FC2Ad