京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

もみじ (5)

毎度々々もみじのオンパレードで恐縮です。

今月中ごろ、もみじが赤くならないので 「ことしの紅葉はあかんかも・・・」 とひそかに心配していたが、やっぱり自然の摂理は立派なもんだ。
時期が来たらちゃんと赤くなる。

きょう、苑内で人だかりのする もみじ があった。
苑内で紅葉しているのは別にこの木に限らないのだが・・・ なぜか 超人気 だった。

もみじ
2014.11.30 14:50 PM

「落花の雪に踏み迷う
交野の春の桜狩

紅葉(もみじ)の錦 を着て帰る
嵐の山の秋の暮れ」


なんかの昔の名文にこんなのがあったなぁ・・・。そんなフレーズを思い出した。
こんなのを 『紅葉(もみじ)の錦』 っていうんだろうか。

『紅葉の錦』 と言えば百人一首にも
「このたびは (ぬさ)も取りあへず 手向(たむけ) 紅葉(もみぢ)の錦 神のまにまに」

というのがあった。(意味はよく分からないが百人一首なので昔はよく口ずさんだ)

もみじ
2014.11.30

こういう風景を見ると不思議に 満腹感 を感じる。

もみじ
2014.11.30

でも、今年の秋の紅葉はこれで見納めかもわからない。
次の休日は12月6日だから・・・ もう冬だ。

撮影地点=地図
2014.11.30









ハゼノキ

京都御苑(きょうとぎょえん)の中、高倉橋という橋が九条池という池に架かっている。
その橋の北の(たもと)に真っ赤に紅葉した木があった。

ハゼノキ
2014.11.30 14:10 PM

御苑を管理する公園協会の人に聞いたら 「ハゼノキ」 だという。

ハゼノキ
2014.11.30

通り過ぎる人もこの赤さに惹かれて、皆さんカメラを向けていた。
中に 『この木の名前はなんですか』 と私に聞く人がいたので、私は 「ハゼノキというらしいですよ」 と答えた。
そしたらその人、急に歌いだした……
小さい秋 小さい秋 小さい秋 見いつけたー
むーかし昔の 風見の鳥のー
ぼやけたとさかにハゼの葉ひとつぅ
ハゼの葉 赤くて 入日いろー

の、ハゼですか。
私も一緒に 「小さい秋 小さい秋 小さい秋 見いつけたー」 と歌って、
「そのフレーズは知ってますが、あとの歌詞は知りませんねぇー」
と言ったら、その人 「二番ですからマイナーですよね・・・」
と笑いながら 言い残して行かれた。

ヘぇー 歌詞をよく覚てる人もいるもんだ。

ハゼノキ
2014.11.30

この写真は木の下から逆光で撮ったもの。
こんな()がなっていた。

ハゼノキの実
2014.11.30

撮影地点=九条池高倉橋北詰
2014.11.30








ソシンロウバイの黄葉

新春に黄色い花をつけるソシンロウバイ。
きょう通りかかったら、葉っぱが黄色く色づいていた。

ソシンロウバイの黄葉
2014.11.30 13:35 PM
ことしのお正月に咲いたとき
ことしのお正月に咲いたときは こんな だった。 (2014.1.4)
葉はなんにもかった。 
【右の写真をクリックするとそのときの様子が別のウインドウで見られます】

きょうはまだ葉はたくさん残っているのに、よく見るともう(つぼみ)がついていた。
(※ その右にぶら下がっているこげ茶色のもの は、初夏にできた()

ソシンロウバイのつぼみ、きょう 2014.11.30
2014.11.30

ソシンロウバイのつぼみ、きょう 2014.11.30
2014.11.30

ソシンロウバイのつぼみ、きょう 2014.11.30
2014.11.30

来年、といってももうひと月だが、花が咲くのが楽しみだ。

撮影地点=宗像神社の北側
2014.11.30










もみじ (4)

毎度々々もみじのオンパレードで恐縮です。

今月中ごろ、もみじが赤くならないので 「ことしの紅葉はあかんかも・・・」 とひそかに心配していたが、やっぱり自然の摂理は立派なもんだ。
時期が来たらちゃんと赤くなる。

きょう、苑内の東南部にある富小路(とみのこうじ)広場脇のもみじがきれいに色づいていた。
紅葉しているのはこの木に限らないのだが・・・

富小路広場脇のもみじ
2014.11.29 15:00 PM

よく見れば紅葉の色はまだらだ。

富小路広場脇のもみじ、クローズアップ
2014.11.29

先日行われた「秋の自然教室」の先生が言っておられたことばを思い出した。
「みんな真っ赤だったら、それは商店街のもみじ(の造花)です」と。
な~るほど !!

撮影地点=地図
2014.11.29







銀杏の黄葉 (7) ゲートボール場

毎度々々銀杏(いちょう)のオンパレードで恐縮です。

きょう、苑内の東南部にあるゲートボール場脇の銀杏が黄葉真っ盛りだった。

苑内には銀杏の木がたくさんある。
銀杏と言っても、もう完全に散ってしまって枯れ枝になった木(その代わり、木の下は黄色の絨毯 !!)、いませっせと散り急いでいる木、そしてこの木 のようにいま黄葉真っ盛り(散り始めたところ)・・・ と様ざまだ。

ゲートボール場脇の銀杏
2014.11.29 14:40 PM

こちらは今年の冬に同じアングルで撮ったもの。
季節の変化を感じてもらえるだろうか。

ゲートボール場脇の銀杏、今年の冬
こちらは今年の冬、2014.3.9 15:50 PM

再びきょうの銀杏。
クローズアップ。

ゲートボール場脇の銀杏
2014.11.29

散り始めた様子。

ゲートボール場脇の銀杏
2014.11.29

この銀杏の木は形が整っているし、前に遮るものがない。
ちょうどこの時間(14:50 PM)は西日を浴びて光り輝いていた。

注目を浴びるゲートボール場脇の銀杏
2014.11.29

だから、陽の光だけじゃなく、みんなからも注目を浴びていた。

撮影地点=ゲートボール場脇
2014.11.29






もみじ (3) 床に映る紅葉

11月も押し詰まってきた。
いま京都御苑(きょうとぎょえん)はもみじの見ごろ真っ盛りで、真っ赤に色づいたもみじがどこにでも見られる。

ところで、苑内の南西隅に閑院宮(かんいんのみや)邸跡というお屋敷で 『床紅葉(ゆかもみじ)』が見られるのを思い出し、しばらくぶりにお屋敷に行ってみた。

苑内にある他のもみじの真っ赤な紅葉から比べると少しもの足りないが、ピカピカに磨かれたけやき(欅)の一枚板を敷き詰めた部屋の床にモミジの赤が映っていた。

床に映る紅葉 2014
2014.11.29 13:18 PM

観光ツアーのグループ、中国からの家族連れ、浜松から来たという女性グループと結構にぎわっていた。
カメラ撮影教室の一団も来た。先生が、この角度から撮るといいですよ・・・ などとアドバイスしていた。

正面のもみじに気をとられていたが、ずっと右の方にも赤く色づいたもみじがあった。
それも入れて撮ったのがこれ だが、残念ながら床には反射していなかった。

床に映る紅葉 2014
2014.11.29 14:04 PM

でも折角撮ったのでこのブログに載せておきます。

撮影地点=地図
閑院宮邸跡は京都御苑の南西隅にある
2014.11.29












銀杏の黄葉 (6) 烏丸一条

もみじや銀杏、その他さまざまな木々の葉っぱがきれいに色づいたのを堪能して帰ろうと京都御苑(きょうとぎょえん)を出たら、御苑の外側から黄色く色づいた銀杏の大木が目に留まった。

もう夕方4時近い時刻なので、太陽はかなり西に傾いていたが、その強い光に明るく映えていた。
通りがかった男性も、スポットライトを浴びたような銀杏の黄葉に 「わぁー」 と声をあげておられた。

私も、今年の2月に撮った写真があったので、同じアングルで撮ってみた。

烏丸一条の大銀杏
2014.11.24 15:50 PM
この大銀杏は烏丸一条にある

こちらは、2月に撮ったという その写真。

烏丸一条の大銀杏、今年の冬
こちらは今年の冬、2014.2.23 15:25 PM


烏丸一条の大銀杏
2014.11.24 15:50 PM

同じく、別のアングルで、きょう と今年の2月。

烏丸一条の大銀杏、今年の冬
こちらは今年の冬、2014.2.23 15:25 PM

撮影地点=烏丸一条バス停前
2014.11.24






もみじ (2)

ひとくちに「もみじ」と言っても紅葉の具合はまちまちだ。
ここ、今出川口を入って左側にあるもみじはまっかだ。

momiji640.jpg
2014.11.24 15:15 PM

でも近づいてよくみるとオレンジ色の葉っぱがあったりして、けっこうまだらだ。

momiji641.jpg
2014.11.24

みんなカメラで一所懸命撮っていた。

momiji643.jpg
2014.11.24

そのうちの一人が葉の裏から紅葉を撮っていて、私にもその方法をすすめてくれた。
それで撮ったのがこれ。

momiji642.jpg
2014.11.24


撮影地点=地図
2014.11.24







秋の風景

晩秋の風景
場所は苑内の「母と子の森」と呼ばれる一帯。

晩秋の風景
2014.11.24 14:50 PM

木々は色づき、足元はふさふさした落ち葉の絨毯。
こちらは、ことし1月に同じ場所で撮った写真。

ことし1月、冬枯れのとき
冬枯れのとき、2014.1.11 15:20 PM

もうひと月半もすれば、枯れ枝だけの冬景色に変わるんだ。

撮影地点=母と子の森
2014.11.24







メタセコイヤ(アケボノスギ)

『松、杉、(もみ)などの針葉樹は紅葉しないが、メタセコイヤ(アケボノスギ)だけは紅葉する』
ときどき苑内で会う、植物に詳しいオジサンから夏ごろにこう聞いていた。

それを思い出して、メタセコイヤを時々観察していた。
きょうメタセコイヤを見上げたら赤茶色のような複雑な色をしていた。
うーん、これが “紅葉” なのかなぁ・・・

アケボノスギ
2014.11.24 14:30 PM
うしろがメタセコイヤ、手前はカジノキ

こちらは紅葉した葉のクローズアップ。

アケボノスギ
2014.11.24

アケボノスギ
2014.11.24

---------------------------------------
付録 カジノキ

メタセコイヤの手前にカジノキがあった。

アケボノスギ
2014.11.24 14:30 PM
うしろがメタセコイヤ、手前はカジノキ

こちらも黄葉している。

カジノキ
2014.11.24

カジノキ
2014.11.24

秋も深まってきた感じだ。

撮影地点=地図
2014.11.24







秋真っ盛り

いま秋真っ盛りである。
迎賓館の北側の通路。黄、赤、緑のトリコロールに装ったきょうの風景。

黄、赤、緑のトリコロール
2014.11.24 13:40 PM

ちなみに、こちらは2か月前の様子。
四季の移り変わりを感じていただけたでしょうか。

夏のころの様子
こちらは2か月前 2014.9.15 11:00 AM の様子


撮影地点=迎賓館の北側の通路
2014.11.24











銀杏の黄葉 (5) 一条邸跡 (2)

先日もレポートした一条邸跡のいちょう(銀杏)。( こちら、2013.11.19

きょうは勤労感謝の日の振替休日。黄色く色づいたこの木は非常に人気があり、多くの人が見に来ていた。

色づいた一条邸跡の銀杏
2014.11.24 13:35 PM

こちらは3か月前の日曜日の様子。

真夏の一条邸跡の銀杏
こちらは3か月前 2014.8.17 14:40 PM

撮影地点=一条邸跡の銀杏
2014.11.24











もみじ (1) 一条邸跡

おととい御所内にある銀杏の黄葉を築地塀越しに撮ったとき、手前にモミジの紅葉がちょっと写っていた。 ⇒ こちら、2014.11.21
でもそのときはもう昼過ぎで、モミジの葉は日陰になっていて、赤い色がきれいに写っていなかった。

それでけさ早く見に行ってみた。
うーん、ちょうど朝日が当たってまっかだ。


2014.11.24 08:50 AM

ことしはモミジの紅葉の具合が遅いので心配していたが、心配することはなかった。
時期がくればちゃんと紅葉するのだった。

momiji587.jpg
2014.11.24


撮影地点=一条邸跡
2014.11.24







銀杏の黄葉 (4) 凝華洞跡

京都御苑(きょうとぎょえん)の中に凝華洞(ぎょうかどう)跡といわれる一郭があり、そこに銀杏の巨木がある。
黄色く色づいていて、ちょうど見ごろだった。

凝華洞跡の銀杏
2014.11.22 09:20 AM

こちらは6週間前の様子。まだ青々していた。

こちらは6週間前、2014.10.9 08:50 AM
※ 参考まで - こちらは6週間前、2014.10.9 08:50 AM

木のふもとに行ってみたが、落ち葉はチラホラで、いわゆる「黄色の絨毯(じゅうたん)」にはなっていなかった。

凝華洞跡の銀杏、落ち葉
2014.11.22

上を見上げたら、朝日に浴びた葉っぱがまだこんなに茂っていた。
これから落葉が始まるんだろう。

凝華洞跡の銀杏
2014.11.22

撮影地点=地図
2014.11.22












銀杏の黄葉 (3) 御所内

京都御苑(きょうとぎょえん)の西北部、築地塀(ついじべい)の向こうは「京都御所」だが、その築地塀の中にそびえる銀杏の木がきれいに色づいていた。

京都御所、築地塀の中の銀杏
2014.11.21 12:50 PM

太陽の光を真正面から受けて黄色が輝いていた。

京都御所、築地塀の中の銀杏【クローズアップ】
2014.11.21


撮影地点=京都御所、築地塀の中
2014.11.21










銀杏の黄葉 (2) 一条邸跡

京都御苑(きょうとぎょえん)内、一条邸跡のいちょう(銀杏)がみごとに色づいた。
1年前の黄葉の様子は⇒ こちら、2013.11.23

一条邸跡のいちょう(銀杏) きょう 2014.11.19
2014.11.19 09:20 AM

若い女性が自転車でやってきてカメラに収めていた。
その左にはもみじが真っ赤に色づいていた。

全景を撮り終わった女性は、こんどは足元に散ったいちょうの落ち葉にカメラを向けていた。
何を撮っても「絵」になる、カラフルな秋の風景だ。

いちょうの落ち葉を撮る
2014.11.19

一条邸跡のいちょう(銀杏)は、御苑内の東北の方にあり、御苑内では恐らく一番知られたいちょうの大木だろう。

撮影地点=一条邸跡の銀杏
2014.11.19











カツラ(桂)

カツラ(桂)の黄葉11月も中旬になり、京都御苑(きょうとぎょえん)のイチョウ(銀杏)は黄色くなってきた。
しかし、モミジ(紅葉、楓)はなかなか紅くなってこない。
ことしはあかんのかなぁ・・・ などと思いながら苑内を歩いていたら、お醤油が焦げたときの甘辛いような変なにおいがした。

おやっ !! カツラ(桂)の木じゃないか。
と周りを見回したら、あったあった。
こんなとこにもカツラ(桂)の木があったのだ。

見上げていると、葉っぱが風にのってヒラヒラと散っている。
「秋だなぁ~」という感じになる。

そこにカメラを持った女性の二人連れが通りかかった。
「お醤油のにおい、しません?」と声をかけてみた。

「そーね、ふーんそんな匂いがするわ」
「どこから匂ってくるのかしら」
「縁日のにおいね・・・」

なるほど、縁日でお醤油を焦がしているにおいか。
うまいこと表現するものだと感心した。

女性は落ちている葉を手にして「ハート型したおもしろい葉っぱね」

「この枯葉から匂ってるみたい・・・」
といって、女性は私の鼻に近づけてくれた。
うーん、そういわれてみたらそんな気もするが、はっきりとは匂わない。
匂いというのは少し離れた方が匂うのかも知れない。

カツラ(桂)の黄葉をカメラに収める
2014.11.15 11:50 AM

上を見上げて「わー、きれい」と言いながら何枚もシャッターを切って行かれた。

色づいたカツラ(桂)の葉っぱ
2014.11.15

これがカツラ(桂)の葉っぱ。

撮影地点=地図
2014.11.15






タンポポ

秋も深まったというのに、(春から夏にかけて咲く) タンポポ が、それもひとつやふたつでなく、けっこう広範囲に咲いていた。

場所はさきほどの 紅葉した桜 があった草地一帯。

タンポポの狂い咲き?
2014.11.10 13:05 PM

へー、これも狂い咲きだろうか。

タンポポの狂い咲き?
2014.11.10

春のタンポポと違って、茎がほとんとなく、地表にぺったりくっついて咲いている。
(※ ちなみに、春のタンポポは茎が長い。その様子は ⇒ こちら、2014.4.19

tanpopo515.jpg
2014.11.10

気になるので、(がく)、植物学的には「総包」というらしいが、それを見てみた。
地表にぺったりくっついて咲いているので見にくかったが、総包は反り返っていなかった。
「頭花を包む総包が外側に反り返らない」のがカンサイタンポポの特徴だというから、このタンポポはカンサイタンポポだった。

カンサイタンポポの特徴
2014.11.10

撮影地点=地図
2014.11.10






桜の紅葉

桜の葉っぱが色づき始めているが、もひとつパッとしない。
そんな中で紅葉(こうよう)している桜の木があった。

紅葉した桜の木
2014.11.10 12:30 PM

こちらはそれを拡大したところ。

その拡大
2014.11.10

落ちている葉っぱを寄せ集めてみた。

落ち葉
2014.11.10


撮影地点=地図
2014.11.10







ぎんなん

京都御苑(きょうとぎょえん)内には銀杏(いちょう)の木がたくさんある。 
苑内の東南方面にある銀杏の木の根元には、たくさんのぎんなんが落ちていた。

わぁー、たくさん落ちてるワ
2014.11.8 10:20 AM

ぎんなんがたくさん落ちていた
2014.11.8

ぎんなん独特のニオイがする
2014.11.8

少し離れたところから銀杏の木を振り返ってみたら、上の方が黄色く色づいていた。

いちょうの木
2014.11.8
手前の緑はまだ紅葉していないモミジ
左の高い木と、右の黒い枝は山桜


撮影地点=地図
2014.11.8











ツガの実

ツガの実が落ちていた。
いつもツガの枝にぶら下がっているヤツだ。
へー、いまごろ落ちるのか・・・

tuga_466.jpg
2014.11.8 09:50 AM

tuga_467.jpg
2014.11.8

これがツガの木。

tuga_468.jpg
2014.11.8

枝を見上げると、落ちている実とは違って青々した実がなっていた。
植物学的には「球果」というらしい。
若い色をしているので、秋になって(みの)ったもののようだ。

tuga_469.jpg
2014.11.8

しかも実のつき方が面白い。
「ぶら下がる」んではなく、根元からキューっと曲がったかっこうでついている。

tuga_470.jpg
2014.11.8

これが新しい実。
1年かけて、来年のいまごろ黒く乾燥して落ちるようだ。

tuga_471.jpg
2014.11.8


撮影地点=地図
2014.11.8







ケヤキ

ケヤキ(欅)の木が黄金(こがね)色に色づいていた。

keyaki_458.jpg
2014.11.3 11:10 AM

京都御苑(きょうとぎょえん)にケヤキの木は沢山あるが、まだほとんど色づいていない。
この木は京都御苑内のバス専用駐車場の傍に生えているケヤキだが、この木だけ黄葉していた。

その下を通り過ぎるたくさんの観光客に対して、秋の雰囲気を演出しているように見えた。

こちらは、木の下に溜った落ち葉。
とういう訳か赤茶色していた。

keyaki_459.jpg
2014.11.3


撮影地点=地図
2014.11.3











ナツミカン

「鷹司邸跡」と呼ばれる草地にあるナツミカンの木に()がいっぱいなっていた。

ナツミカン
2014.11.3 10:30 AM

ナツミカン
2014.11.3

去年のレポート ( こちら、2013.11.23 ) では『実のつきかたが少ない』と書いたが、ことしは豊作だ。
実のつき具合は年によって違うようだ。

撮影地点=鷹司邸跡の草地
2014.11.3










サザンカ (2)

ピンクのサザンカ(山茶花)が咲いていた。

ピンクのサザンカ
2014.11.3 10:00AM

色が浅くて気品のあるピンク色だ。

ピンクのサザンカ
2014.11.3

木の下にはピンクの花びらが散っていた。

散ったはなびら
2014.11.3


撮影地点=地図
2014.11.3







ムラサキシキブ

小さな葡萄(ぶどう)みたいな実のついた木があった。
よく見なければ気づかずに通り過ぎてしまいそうな実だ。

ムラサキシキブ
2014.11.2 15:00 PM

()は赤紫色している。

ムラサキシキブ
2014.11.2

葉っぱは、秋になったので黄色くなったのだと思う。
この写真を見ると 「秋だなぁ」 と感じる。

ムラサキシキブ
2014.11.2

こちらの実は 「赤紫色」 というより鮮やかな淡い 「紫色」 をしている。
雨に濡れて美しい。

ムラサキシキブ
2014.11.2

ウチに帰って調べてみたら、これは 「ムラサキシキブ」(紫式部) という名前の木だそうだ。

撮影地点=地図
2014.11.2







エノキの黄葉

ほとんどのエノキ(榎)の大木はまだ青いのに、1本だけ、葉が黄色くなって散っているエノキがあった。


2014.11.2 14:20 PM

どうしてこの木だけが早く黄葉する(した)のか、理由はわからない。

enoki_413.jpg
2014.11.2

通りかかった中国人が、落葉を記念に写真を撮っていた。

enoki_414.jpg
2014.11.2

落ち葉が雨に濡れていた。

enoki_415.jpg
2014.11.2


撮影地点=地図
2014.11.2








ヤブミョウガ

11月になってもヤブミョウガは健在だ。

7月初めに白い花が咲きだした。( こちら、2014.7.5
8月中旬に藍色の実がなり始めた。( こちら、2014.8.14
9月ころには白い花は見られなくなったが、藍色の実はそのままだった。

きょうはもう11月だというのに、藍色の実も、緑の葉っぱもまだ健在だ。
藍色の実はいちめんについている。

ヤブミョウガ1
2014.11.1 13:40 PM

ヤブミョウガ2
2014.11.1

ヤブミョウガ3
2014.11.1

撮影地点=地図
2014.11.1








トチとカマツカの黄葉

トチとカマツカの葉が色づいていた。
場所は「出水の小川」の東側の緑地。

左がトチ(栃の木)で、右がカマツカ(鎌柄)

左がトチ(栃の木)で、右がカマツカ(鎌柄)
2014.11.1 12:30 PM
左がトチ(栃の木)で、右がカマツカ(鎌柄)

カマツカの葉は2週間前( こちら、2014.10.19 )よりかなり黄色が増していた。

カマツカの葉
2014.11.1 12:40 PM

カマツカの赤い実
2014.11.1
鮮やかな赤色のカマツカの実

---------------------------------------

一方、左奥のトチ(栃の木)。
ちょうど1年前( こちら、2013.11.2 )は葉っぱもたくさん残り、きれいに色づいていたのに、ことしは、もう半分以上の葉っぱが落ちてしまっている。 (冒頭の写真
その代わり、きれいな赤いじゅうたんだ。

半分以上落葉したトチ(栃の木)
2014.11.1 12:40 PM

落ちたトチ(栃の木)の葉
2014.11.1

落ちたトチ(栃の木)の葉
2014.11.1

この様子をカメラに収める女性がいた。

左がトチ(栃の木)で、右がカマツカ(鎌柄)
2014.11.1

京都御苑の植物は徐々に秋の色を濃くしている。

撮影地点=「出水の小川」の東側の緑地
2014.11.1











銀杏並木の黄葉

銀杏(いちょう)並木が黄葉(こうよう)していた。

京都御苑(きょうとぎょえん)には “独立した” 銀杏の巨木・老木が多い中で、去年もこの若い銀杏 “並木” は色づくのが早かった。(⇒ こちら、2013.11.6
銀杏の黄葉を見ると “晩秋だなぁ” と感じる。

銀杏並木
2014.11.1 12:15 PM
陽(ひ)が陰っているので写真の色は冴えないがかなり黄色くなっている

きょうから11月。
いよいよことしの秋も終わりに近づく。

これから、苑内のモミジ(楓)の紅葉と、銀杏の黄葉が楽しみだ。

撮影地点=閑院宮邸跡の敷地の北側の道路
2014.11.1











FC2Ad