京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

モクレンの実

モクレンに大きな()がなっていた。

モクレンの実
2015.5.31

モクレンの実
2015.5.31

超人気のハクモクレンこのモクレン、正確にはハクモクレン(白木蓮)の花が満開の頃 (2015.3.27) の様子は、コレ
【右の写真をクリックするとそのときの様子が別のウインドウで見られます】

木は高くて大きく、とても目立つ場所にあるので、満開のときは超人気だった。

時はめぐりそれから2か月、こんな大きな()がなったのだ。

モクレンの実
2015.5.31

どういう訳か、地面にもいっぱい散乱していた。

モクレンの実
2015.5.31

撮影地点=宜秋門の向い
2015.5.31









キキョウソウ

去年も京都御苑(きょうとぎょえん)の東側、清和院御門を外へ出たとこにある植込みの中に咲いていた『キキョウソウ』(桔梗草)が、今年も咲いていた。

キキョウソウ
2015.5.31

去年 から も早 1年経ったのだ。

キキョウソウ
2015.5.31

キキョウソウ
2015.5.31

この草の特徴は、茎が1本まっすぐに伸び、てっぺんに紫色の5弁の花をつけるというもの。 【写真、上
調べたら、この草は葉っぱが段々につくので 「ダンダンギキョウ」 とも呼ばれているという。
なぁるほど・・・ それもこの草の特徴かぁ・・・

撮影地点=清和院御門外の植込み
2015.5.31











ニワゼキショウ

苑内に桜町と呼ばれる屋敷跡がある。
そこに、シロツメクサに交じって ニワゼキショウ が咲いていた。

ニワゼキショウ
2015.5.31 12:50 PM

小さいので見落としそうだが、よく見ると、苑内のあちこちで咲いていた。
春先には見かけなかった花だ。
特徴は、花びらが6弁あること。花の下に緑のまあるい実(?)がなっていること。

ニワゼキショウ
2015.5.31


撮影地点=地図
2015.5.31











枝垂桜のその後

私事で恐縮ですが、しばらく入院していました。
きょう、ほぼひと月ぶりに 京都御苑(きょうとぎょえん) に行ってみた。

例の有名な 『出水の枝垂桜』 の前を通りかかったら、葉が茂って完全に夏の(よそお)いになっていた。
入院していた間も、四季は着実に変化していた。

出水の枝垂桜
こちらはきょう、2015.5.31 12:35 PM

暑い日差しの下、訪れる人もなく、蝶を追いかける少年が横切って行ったくらいだ。

こちらはちょうど2か月前、満開で多くの人が訪れていたとき。

出水の枝垂桜
こちらは満開のとき、2015.3.28 12:30 PM

季節の変化である。

撮影地点=地図
2015.5.31










シロツメクサ

いま京都御苑(きょうとぎょえん)で最も多く見られる雑草は シロツメクサ (白詰草) と ヒメジョオン (姫女苑) だろうか。

こちらは シロツメクサ。
いわゆるクローバーだ。
いま、苑内の至る所でみられる。

シロツメクサ
2015.5.30 14:30 PM

こういうところは人に踏みつけられていると思うが、それでも元気だ。

シロツメクサ
2015.5.30

花は変わった形をしている。
まあるくまとまって1つの花のように見えるが、実際はちいさな1個1個が花で、それが集合しているのだとか。

シロツメクサ
2015.5.30


撮影地点=地図
2015.5.30










ナツツバキ (1)

ナツツバキ が咲いていた。
たったひとつだけ。

この木は 去年、 『こんなところにもある』 と 見つけたナツツバキの木だ。(2014.6.6)
どうやら この木は、早咲きの木らしい。

ナツツバキ
2015.5.30 13:50 PM

これが その花。
この蒸し暑い時期に 清々(すがすが)しい感じの花だ。

ナツツバキ
2015.5.30

見れば (つぼみ)はたくさんついているので、これからたくさん咲いてくれるだろう。

ナツツバキ
2015.5.30

撮影地点=染殿井は御苑内の東の方にある
2015.5.30










コモチマンネングサ

さきほど ヒメジョオン が生えているのを見たが、そのときその根元の方に、よく見ると小さい黄色の花をつけている草があるのに気づいた。

ぐ~っと近づいてみると コモチマンネングサ(子持ち万年草) ではないか。

コモチマンネングサ
2015.5.30 13:45 PM

コモチマンネングサ
2015.5.30

むかし(2013.6.1) クローズアップの写真がうまく撮れなかった花だ。

撮影地点=地図
2015.5.30










ヒメジョオン

いま 京都御苑(きょうとぎょえん)で最も多く見られる雑草は ヒメジョオン (姫女苑) と シロツメクサ (白詰草)だろうか。

こちらは ヒメジョオン。

ヒメジョオン
2015.5.30 13:30 PM

ヒメジョオン
2015.5.30

こちらはその (つぼみ)

ヒメジョオンの蕾
2015.5.30

白と黄はなかなか鮮やかだ。

ヒメジョオン
2015.5.30


撮影地点=地図
2015.5.30








ムラサキカタバミ

私事で恐縮ですが、しばらく入院していた。
きょう久しぶりに京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れた。

暑い日差しの中、久しぶりに歩いたのでいささか疲れた。
冷たいお茶を飲んで一服した、その足元に ムラサキカタバミ が咲いていた。

冷たいお茶を飲んで一服した、その足元に ムラサキカタバミ が咲いていた
2015.5.30 12:50 PM

ムラサキカタバミ
2015.5.30

葉の形はクローバーのようなハート形をしているのですぐ分かる。

ムラサキカタバミ
2015.5.30

ムラサキカタバミ
2015.5.30

苑内の至る所で咲いていた。
いまが ムラサキカタバミ の最盛期のようだ。

撮影地点=地図
2015.5.30














タイサンボク

私事で恐縮ですが、また3週間ほど入院していた。
その間、京都御苑(きょうとぎょえん)の四季がどのように変わっていっているか気がかりだった。

きょうは退院後初めての休日。
久しぶりに御苑を訪れた。

まず、タイサンボク(泰山木)が咲いていた。

タイサンボクが咲いていた
2015.5.30

タイサンボクが咲いていた
2015.5.30

この大きな花は日本の“繊細な”花と少し趣が違うようだ。
どこか南国を想わせる。

タイサンボクの大きな花
2015.5.30


撮影地点=地図
2015.5.30










初夏の風景

私事で恐縮ですが、また3週間ほど入院していた。
その間、京都御苑(きょうとぎょえん)の四季がどのように変わっていっているか気がかりだった。

きょうは退院後初めての休日。
久しぶりに御苑を訪れた。

ことしの5月の京都は暑く、きのう29日までで、真夏日(最高気温が30度以上になった日)が計7日、夏日(最高気温が25度以上になった日)が計24日を数えたらしく、新聞は 『観測以来過去最多タイ』 で 『暑い初夏』 だったと報じていた。

日差しはきつく、みんな木陰で休んでいた
2015.5.30 12:30 PM

きょうも日差しはきつく、みんな木陰で休んでいた。

私も木陰で一服した。

私も木陰で一服した
2015.5.30 13:20 PM

木々をぬけてくる風は心地よく、ほっとした。

撮影地点=地図
2015.5.30











コメツブツメクサ

きょうは小雨のパラつく天気だったが、京都御苑(きょうとぎょえん)を覗いてみた。

花があまり小さくて目立たないが、コメツブツメクサ(米粒詰草)が苑内のあちこちで咲いていた。

kometsubu_886.jpg
2015.5.4 11:00 AM
ところどころに見える白い花はシロツメクサ

せっかく写真を撮ったが、天気がよくないので色が冴えない。

kometsubu_887.jpg
2015.5.4

kometsubu_888.jpg
2015.5.4


撮影地点=賀陽宮邸跡の緑地
2015.5.4












ハナショウブ(花菖蒲)

きょうは小雨のパラつく天気だったが、京都御苑(きょうとぎょえん)を覗いてみた。

苑内の『出水の小川』地区で ショウブ(菖蒲)の花が咲きはじめていた。
黄色い「ハナショウブ」だ。

ハナショウブ(花菖蒲)
2015.5.4 10:50 AM

ちなみに、こちらは真冬の頃の様子。
このときは葉っぱもしおれていたが・・・

冬枯れ
こちらは今年の冬、2015.1.12 11:35 AM

きょうは葉っぱも青々して、鮮やかな黄色い花を咲かせていた。

ハナショウブ(花菖蒲)
2015.5.4

ハナショウブ(花菖蒲)
2015.5.4

花菖蒲をめでる人が時折訪れていた。

ハナショウブ(花菖蒲)
2015.5.4

撮影地点=出水の小川地区
2015.5.4









FC2Ad