京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ぎんなん

銀杏(いちょう)の木のところを通ったら、ぎんなんがたわわに実っていた。
手の届くあたりにある枝だとよく見える。

gin_nan_093.jpg
2015.6.21 12:10 PM

ほれ、こんなに。

gin_nan_095.jpg
2015.6.21

ことしのぎんなんは ひょっとして豊作だろうか。

gin_nan_096.jpg
2015.6.21


撮影地点=寺町御門内
2015.6.21










梅の実が熟す頃

京都御苑(きょうとぎょえん)内で休んでいたら、以前にヤマフジを案内してもらった男性に出会った。( そのときの話は こちら、2015.4.29
「やぁ こんにちは」 とあのときのお礼を述べたら、男性はポケットから黄緑色した実を取り出し、「これなんか知ってる?」と私に聞いた。
私は「えーっと、梅の()でしょ?」と答えたら、
「これ 食べられるよ」と。

私は「 生梅(なまうめ)は食べたらお(なか)をこわす と子供の頃に聞いたけど・・・」と言ったら
男性は「うん、入梅前の青い梅はあかんけど、これだけ黄色くなったら食べられる」「酸っぱくないよ」とのこと。

それじゃぁ・・・ と一口食べたのがこれ。


2015.6.21 12:00 PM

かすかに甘い味がしてジャムみたい。(それほどでもないが)
3つ食べたらお腹がふくれた気がした。

御苑には梅林(ばいりん)があって、そこで貰ったのだという。

---------------------------

帰り道に、その梅林のところを通ってみた。

ume_097.jpg
2015.6.21 13:20 PM

()は全部取られて(?、落ちたのかもわからないが)ひとつも残っていなかった。
しかしよーく見れば、上の方にひとつ、取り残されたのかゴルフボールみたいに大きい、黄色くなった(熟した)梅の実がひとつ残っていた。

撮影地点=地図
2015.6.21













タイサンボク (2)

2週間前、京都御苑(きょうとぎょえん)タイサンボク(泰山木)が咲き始めていた。( こちら、2015.5.30

きょう、その木の前を通ったら花を熱心にカメラに収めている人がいた。
たしかに立派なタイサンボクの木だ。

タイサンボクを撮る人
2015.6.14 14:40 PM

花は大きくて白いのでとても目立つが、疎らなので、全体としては見栄えがしないが惜しいところだ。
この方は望遠レンズで花のアップを狙っておられた。

撮影地点=地図
2015.6.14












どんぐり(アラカシ)

アラカシのどんぐり(2014.10.10)アラカシの木に近づいて見たら、どんぐりの “赤ちゃん” がなっていた。

去年の秋にはたくさんの どんぐり がなっていたアラカシの木だ。 (写真は 2014.10.10  
これから4か月かけてあんなに大きくなる。

どんぐり(アラカシ)
2015.6.14 14:30 PM

どんぐり(アラカシ)
2015.6.14

ふと見ると葉っぱの裏に、何かの卵と生まれたばかりの幼虫がいた。
何の幼虫かわからないが、テントウムシみたいなまあるい体をしていて、赤茶と黒の縞模様がきれいだ。
卵の数が12個、幼虫が12匹。ちょうどいま孵化(ふか)したばかりのようだ。
ちょうど1ダースというのが面白い。
見ようによってはきれいだが、気味悪くもある。

何の虫だろう
2015.6.14

虫の名前はあとで調べるとして・・・ とりあえず写真を撮っておいた。
他の葉っぱにもないかなぁ、と探したが見当たらなかった。

撮影地点=朔平門の向かい側
2015.6.14
---------------------------

追記 2015.6.16
幼虫の名前が分かった。
クサギカメムシという虫の若齢(じゃくれい)幼虫【初齢幼虫ともいうらしい】で、孵化(ふか)して間もない状態だそうだ。
なお、クサギカメムシは成虫になると2cm近くになり、果樹などの農業害虫として、また悪臭を放つので不快害虫として有名なのだそうだ。
そうだったのか !! (2015.6.16)











 

アジサイ

私事で恐縮ですが、今月になってまた入院しました。
4月半ばから約2か月間も入退院を繰り返していたことになる。

退院の合間をぬっては京都御苑(きょうとぎょえん)を覗いて四季の変化を追っていたものの、とても不十分で、今年のこのブログ<京都御苑の四季の移ろいを追って>の4月以降は不本意なものとなっていた。

さて、おととい退院したばかりだが、2週間ぶりに御苑に行ってみた。

アジサイが咲いていた。
言わずと知れた「6月の花」だ。

アジサイが咲いていた
2015.6.14 13:55 PM

このアジサイ、詳しくいうと「ガクアジサイ」というんだろうか。
近づいてみると、よく咲き切った花、いままさに満開寸前、まだ(つぼみ)、という3つの様子が1か所で見られて面白いと思った。

3つの様子が1か所で見られた
2015.6.14
開花の様子 3態
右上 ピークを過ぎた花、 左下 咲き始めたところ、
右下 まだ蕾で色づき始めたばかり

【右上】 こちらはよく咲いている。満開だが、花の下の葉っぱには花殻が落ちている。
もうピークを過ぎたようだ。

ピークを過ぎた花
2015.6.14
右上 ピークを過ぎた花

【左下】 こちらは咲き始めたところ。まだ淡い黄緑色の(つぼみ)も多い。

いま見ごろ
2015.6.14
左下 いま見ごろ

【右下】 一方こちらはまだ(つぼみ)で、色も淡い黄緑からやっと青く色づき始めたところだ。 

まだ蕾
2015.6.14
右下 まだ(つぼみ)

ひと休みしていたら、男性がやってきてしばらく歩き回ったのち、いすに座ってスケッチを始めた。
青いアジサイを描かないで白いアジサイに向かっている。
「なんでこの花を描かれるのですか」と聞いてみた。

アジサイをスケッチする人
2015.6.14

「青いのは花が少ない((まば)ら)でしょ。こっちの方が ”密” なのでね。」と
あっそーか。
鉛筆を持った手を動かしながら「でも、もう盛りを過ぎてますけどね・・・」とつけ加えた。

白いアジサイ
2015.6.14

うーん、確かに・・・
ま、人にはいろんな好みがあるもんだ。

入院生活が続き、長らく歩いていなかったので、きょう久しぶりに御苑を歩いたらとても疲れた。

撮影地点=児童公園
2015.6.14










FC2Ad