京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

イヌタデの花

イヌタデ(犬蓼)の花が咲いているのを発見。
これまで、(つぼみ)だか()だかわからないが、ピンク色の粒々(つぶつぶ)は見てきたが、花を見るのは初めてだ。

イヌタデ(犬蓼)
2016.10.30 11:10 AM

といっても、まばらにしか見られないので見つけにくい上に、とても小さいので、咲いているのもよくわからない。

イヌタデ(犬蓼)
2016.10.30

撮った写真を拡大してみて、こんな可憐な花だとわかる。
花が咲いた、ということは、あの粒々(つぶつぶ)(つぼみ)だったのだろうか。

イヌタデ(犬蓼)の花
2016.10.30

これまでぎっしり詰まってついていた例の粒々(つぶつぶ)は、きょうはまばらだった。
      【ぎっしり詰まってついていたときの様子は こちら(2016.10.23)

じゃぁ、あの(つぼみ)は咲かずに落ちたのだろうか。
うーん、わからないなぁ。

撮影地点=地図
2016.10.30







カマツカの実

カマツカの()が赤く色づき始めた。

カマツカの実
2016.10.30 10:20 AM

とても濃い赤で美しい。

カマツカの実
2016.10.30

カマツカの実
2016.10.30

例年、()が赤くなるころには葉っぱも黄色くなるのだが、ことしはまだ青々している。

撮影地点=地図
2016.10.30










イヌタデ

イヌタデ(犬蓼)に赤い()がなっている。
しかし、これ、()ではなくて花なんだそうだ。

イヌタデ(犬蓼)
2016.10.23 09:50 AM

別名「アカマンマ」つまり、赤い米粒(こめつぶ)という意味だから、昔の人は()と思ったんだろう。

イヌタデ(犬蓼)
2016.10.23

まだ咲いた様子ではないから、これは (つぼみ) かも知れない。

イヌタデ(犬蓼)
2016.10.23

よく分からん草である。

撮影地点=地図
2016.10.23










イヌホオズキ

イヌホオズキが咲いていた。  
ことしは咲いてるのを見かけないな と思っていたところだった。

イヌホオズキ
2016.10.23

きょう偶然見かけたのだが、過去の記録では、
      2013年は、9月30日、
      2014年は、10月6日、
      去年(2015年)は、9月14日、
      そして今年は、きょう10月23日。

イヌホオズキ
2016.10.23

見かける時期はけっこう開きがあるようだ。

こんな () もなっていた。

イヌホオズキ
2016.10.23

撮影地点=地図
2016.10.23












ツワブキ(石蕗)

ツワブキが咲き始めた。
1週間ほど京都御苑に来ていなかったので、つぶさに観察していたわけではないが、今年は例年より少し遅い感じがする。

ツワブキ(石蕗)
2016.10.23 09:30 AM

これ は、去年写真を撮ったところと同じ場所だ。
去年の写真は、こちら、2015.10.17

ツワブキ(石蕗)
2016.10.23

ツワブキ(石蕗)
2016.10.23

木陰の薄暗いところに 急に鮮やかな黄色なので、とてもよく目立つ。

撮影地点=地図
2016.10.23










キンモクセイ、いまごろ満開

ことしのキンモクセイ(金木犀)はおかしい。
9月末に一旦咲き始めた。
その木は多分、その後咲いて散ってしまったんだろう。

しかし、その他の木は咲いて散ってしまったのか、よく分からず仕舞だった。
あまり京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れなかったせいだろう。

ところで、最近、街角でキンモクセイが咲いている。(匂っている)
おかしいな ・・・
と思ってきょう京都御苑に来てみたら、案の定 よく咲いているではないか。

キンモクセイ
2016.10.23 09:20 AM

このキンモクセイの木( )は、左の 松 と右の (かつら) にはさまれて見にくいが、花が鈴なりに咲いている。
ほれ、このとおり。

キンモクセイ
2016.10.23

あの独特の香りがむせかえらんばかりだ。

キンモクセイ
2016.10.23

これは 花 の拡大。

キンモクセイ
2016.10.23

すでに、とっくの昔に咲き終わってしまったキンモクセイと、いままさに満開のキンモクセイが、御苑に混在している。
木によって花の時期が狂うとは 一体どういうことなんだろう。

これまで、一斉に咲いて一斉に散っていた。
今年は ??
暑かった夏の季節のせいだろうか。

撮影地点=地図
2016.10.23










サルスベリの黄葉

サルスベリが黄葉し始めていた。

サルスベリの黄葉
2016.10.23

まだら模様であるが、秋の気配を感じる。
写真を撮っていたら、この黄葉をバックに カメラのシャッターを押してほしい とカップルに頼まれた。
私だけでなく、他にも 「キレーだ」 と感じる人がおられて ホッとした。

サルスベリの黄葉
2016.10.23 09:00 AM

樹の下には落ち葉がいっぱい。

こちらはサルスベリの全景。

サルスベリの黄葉
2016.10.23

撮影地点=地図
2016.10.23











十月桜

十月桜が咲いていた。
しかも(多分)満開。
みていると、人が次々に立ち寄ってはカメラに収めておられた。

十月桜
2016.10.23 08:40 AM

毎年、この時期に十月桜が咲くが、こんなにたくさんの花が付いたのを見たのは初めてだ。
(※ 春先にたくさんの花がついたことはあったが。 → こちら、2015.3.28

十月桜
2016.10.23

この樹もやっと「一人前」になってきたということだろうか。

撮影地点=地図
2016.10.23










ホトトギス

きょう見てみたら、( 先日、2016.10.1 )以来レポートしていた 『ホトトギス』 が、満開になっていた。

ホトトギス
2016.10.23

白地に濃いムラサキ色の斑点が、花びらから花柱に至るまで一面についている。
花の形や模様が面白いし、一度見たら忘れられない。

ホトトギス
2016.10.23

少し離れたところには、株分けされたのか、まだ若そうなホトトギスの株もあって、こちらもキレーに咲いていた。

ホトトギス
2016.10.23

ことしの開花は例年に比べると遅いようだ。
秋の涼しくなるのが遅かったせいだろうか。

撮影地点=地図
2016.10.23










スダジイの実

スダジイの()のなるころだが、今年は拾いに来る人が少ないな、と思っていた。
きょうスダジイの植わっているところを通りかかったら、一人の女性がポリエチレンの袋を持ってうつむきながら歩いていた。

スダジイの実
2016.10.16 10:40 AM

そこで近づいて声を掛けたら 「ことしは ()(の落ちる数)が少ないですわ」 と言いながらも、実をせっせと拾っておられた。
「少ない」とはいうものの、しばらくそこにいるだけで実が ポチ、ポチ と音を立てて落ちてきていた。
いままさに 実の落ちる時期らしい。

これが、きょう 落ちてきた スダジイの実。

スダジイの実
2016.10.16

でも、枝を見たら、実はあまりなかった。
やっと探して撮ったのがこの写真。

ことしは不作だというのは、どうやら本当らしかった。

スダジイの実
2016.10.16

撮影地点=地図
2016.10.16










ノコンギク

最近咲き始めたのか、急に目立ち始めた花。
ノコンギク(野紺菊)らしい。

ノコンギク
2016.10.16 10:15 AM

花びらは薄~い青紫色をしているが、日光に当たっている花を写真に撮ったら、花びらは真っ白に写る。

ノコンギク
2016.10.16

微妙な色なので写真に撮りにくい。

ノコンギク
2016.10.16

撮影地点=地図
2016.10.16










コブシの実

白い花が咲いていたころ春先に白い可憐な花を咲かせたコブシ。

秋になったので、子供の拳(こぶし)のような形をした()がピンク色になっているだろうか、と見に行った。
右の様子は、白い花が満開だった頃 (2014.4.5)

たくさん () がなっていた。 

コムラサキ
2016.10.15 12:00 PM

ピンク色した実はだいぶ大きくなっている。

コムラサキ
2016.10.15

見ていると、袋がはじけて 中からオレンジ色の種がのぞいているのもあった。

コムラサキ
2016.10.15

コムラサキ
2016.10.15

さらに見ていくと、袋が黒くなって 中のオレンジの種も黒くなりかけているのがあった。

コムラサキ
2016.10.15

コムラサキ
2016.10.15

これが今後どーんなっていくか、は分からない。

撮影地点=地図
2016.10.15










コムラサキ (2)

御苑内の植物に詳しい S さんにコムラサキの紫色がキレイに色づいている、と聞いたので行ってみた。

コムラサキ
2016.10.15 11:40 AM

行ってみたら一群(ひとむら)のコムラサキがあって、たしかに色濃く色づいていた。

コムラサキ
2016.10.15

コムラサキ
2016.10.15

撮影地点=地図
2016.10.15










モッコク

モッコク(木斛)の()がなっていた。 
毎年10月になると赤くなる。

モッコク(木斛)
2016.10.10 11:30 AM

ところがことしは赤みが足りない。
今年の秋は例年に比べて暖かい。
もっと寒くなったら赤みが増すのだろうか。

モッコク(木斛)
2016.10.10

こちらは全景。

モッコク(木斛)
2016.10.10

撮影地点=地図
2016.10.10










ホトトギス (2)

10日前 には (つぼみ) がふくらんできていた。

きょう来てみたら、咲き始めていた。

ホトトギス
2016.10.10 11:20 AM

ホトトギス
2016.10.10

撮影地点=地図
2016.10.10










榎の黄葉

エノキ(榎)の葉っぱが黄色くなっていた。
ことしの黄葉第1号だ。

エノキ
2016.10.10 11:00 PM


撮影地点=地図
2016.10.10






ミゾソバ

ミゾソバ(溝蕎麦)が咲く季節になった。
京都御苑(きょうとぎょえん)内で、 「バッタが原」 と呼ばれる草原で、下草が刈り取られていない一角でミゾソバが群生している。
そろそろ咲くころだろうと思って来てみたら、案の定 満開だった。

ミゾソバ
2016.10.10 10:30 AM

花が小さいので上の写真ではよくわからないが、近づいてみると赤紫のキレーな花だ。

ミゾソバ
2016.10.10

そして花の中は真っ黄色だ。

写真を撮っていたら変わった紋様のチョウチョが数羽飛んできた。

ミゾソバ
2016.10.10

こちらはその拡大。

ツマグロヒョウモン

羽根を広げたところはこんな感じで、蛾(が)のようでもある。

ツマグロヒョウモン

調べてみたら、これは 『ツマグロヒョウモン』 という蝶で、漢字では褄黒豹紋と書くという。
なんかとっても イカツイ 名前だ。

インターネットには
「野原や公園などに広く生息し、都市周辺ではヒョウモンチョウの中で最も見る機会が多い」
「昔は近畿以南にしかいなかったが、最近は温暖化で関東でもよく見かける」
などとと書いてあった。
なーんだ、ちっとも珍しくないんだ。

前ばねの左右の端が黒っぽいので、これはその 『ツマグロヒョウモン』 のメスだそうだ。

ツマグロヒョウモン

撮影地点=地図
2016.10.10











ぎんなん

gin-nan_906.jpg
お彼岸が過ぎて、日は早く暮れるようになった。

珍しく夕方に、京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れる機会があった。

と、薄暗くなった向こうの方で ぎんなん を拾い集めている人が見えた。
そばには大きな銀杏の木がある。

それで少しお話を伺った。

(もう熟しているんですか)
「もう熟してるけど、粒が小さいんで、なるべく大きいのを拾てます」
「同じメスの木でも、()がなる年と ならへん年がありますよ」
「でも この木は毎年実がなりますわ」

ぎんなん
2016.10.2 17:00 PM

いま頃が ぎんなん を拾うシーズンだという。
まぁ、たしかに拾い尽くせないくらいどっさり落ちている。

ぎんなん
2016.10.2

夕やみ迫るあたり一面、独特のにおいに包まれていた。

撮影地点=地図
2016.10.2











イヌマキ

道端にイヌマキの()が落ちていた。
葡萄色したのも落ちている。

イヌマキ
2016.10.1 15:15 PM

で、上を見たらイヌマキの実がなっていた。

イヌマキ
2016.10.1

()の色はまちまちで、けっこうカラフルだ。
葡萄のような実もあれば、黄色くなったり赤くなったりで おししそうなのもある。
もちろん灰色のもある。

イヌマキ
2016.10.1

こちらは全景。

イヌマキ
2016.10.1


撮影地点=地図
2016.10.1










ホトトギス

ホトトギスが咲くころとなった。
先日からときどき覗いているが、(つぼみ)はまだ小さかった。

・・・ そしてきょう。

ホトトギス
2016.10.1 15:00 PM

うーん、蕾はだいぶ大きくなってきた !!

ホトトギス
2016.10.1


撮影地点=地図
2016.10.1











カジノキ

カジノキ(梶の木)の()が赤くなっているだろうな・・・ と様子をうかがいに行ってみた。

カジノキ
2016.10.1 14:40 PM

赤い実はすぐには見つからなかったが・・・ 

カジノキ
2016.10.1

しばらくして、よく見ると赤く熟れた()があった。

カジノキ
2016.10.1

キレイな色で、まるで花のようだ。

カジノキ
2016.10.1


撮影地点=地図
2016.10.1










カタバミ



カタバミが咲くのは春との印象だが、実際は年中咲いている。
きょうはとくにかたまって咲いているところがあった。

カタバミ
2016.10.1 13:15 PM

カタバミ
2016.10.1

こちらは上から見たところ。
要するに、カタバミ とは クローバー である。
(正確には カタバミ と クローバー は全く違う植物だそうだが、むつかしいことは分からない。)

カタバミ
2016.10.1


撮影地点=地図
2016.10.1

---------------------------------------

追記 2016.10.2
きょう、珍しく、夕方に京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れる機会があった。

きのう、上に書いたようにカタバミが咲いていた。
そのとき、図鑑に以下のようなことが書いてあった。

    花は、よく日の当たるときに開く。雨や曇りのときは閉じてしまう。
    日向では花を出すが、日陰に咲いてしまうと花がしぼんでしまう。
    花は、晴天の午前中に開き、夕方には花びらを折りたたんでしまう。


ちょうど夕方だったので、きのうと同じところに立ち寄ってみた。

カタバミ
2016.10.2

なるほど。図鑑の説明どおりだ。(いまは夕方)
(曇りの日は果たして図鑑の説明どおりか否か?)

カタバミ
2016.10.2

2016.10.2










FC2Ad