京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

赤と緑、もみじ

いま新緑のもみじが美しい。
ところが、苑内にある神社の参道にひとつ赤い葉っぱのもみじがあった。

もみじ
2018.4.29 15:00 PM

みとれていたら、カメラを持った人が 『やっぱり新緑のもみじがいいですね、半分逆光になったところなんか特に美しい』 といって、新緑のもみじにレンズを向けていた。

もみじ
2018.4.29

インターネットで調べてみたら、この赤いもみじはイロハモミジの園芸品種で「野村紅葉(のむらもみじ)」というものらしい。
四季の変化としては面白くないが、一応このブログで採りあげることにした。

撮影地点=地図
2018.4.29







カマツカ

前のブログ「トチノキ」の花を見に来た人が、その隣のカマツカにも花が咲いていたので、こちらにもカメラを向けていた。

カマツカ
2018.4.28 14:10 PM

一面に白い花がついている。

カマツカ
2018.4.28

近づいてよく見ると ・・・
オシベがとっても長くて放射状に張りだしている。
それがかたまって咲いている。

黒いケシツブみたいなのが気になった。
インターネットで調べてみたら 『葯は最初は白いがやがて黒くなる』 とあった。

カマツカ
2018.4.28

じゃぁ、そのケシツブは何個あるのか。
『雄しべは20個』とのこと。インターネットではなんでもわかる。

なかにはツボミもあるが、まぁ 満開 といったところだろう。
(黒くなった葯があるので、開花してやや経つのか?)

カマツカ
2018.4.28

『花弁は円形のお碗状で5枚、雌しべは先で3つになる。』
そうか、写真を見たら花弁(はなびら)はインターネットの説明どおりだ。
だが、「雌しべは先で3つになる」は写真では確認できない。

撮影地点=地図
2018.4.28






トチノキの花

トチノキ(栃)に花が咲いていた。
高い樹で、下の方には花がついていないので、遠くからしかわからないが、白いモノが点々とついている。

栃
2018.4.28 14:10 PM

花全体は円錐形で、独特の形をしている。

栃
栃
2018.4.28

花だけではなく、葉っぱも大きくて独特だ。

栃
2018.4.28

緑がみずみずしい。

撮影地点=地図
2018.4.28







春の野原

女の子が花を摘んでいた。
そばにいたお母さんに 『(この子の様子を)撮っていいですか』 と聞いたら、「(この子は)動き回るからなかなか撮れないですよ」 とのこと。
その子は 摘み取った 白いハルジオンの花を 束にして 飛び回っていた。

野花
2018.4.21 11:30 AM

お母さんのことばとおり、女の子はかたときもじっとしてくれない。
カメラのシャッターを押すチャンスがない。

ところで 御苑の野原では、ここ最近急にハルジオンが増え始めた。
過去のこのブログをみても、ハルジオンを取り上げたのは4月の下旬だ。
もう、その季節になったということだ。

野花
2018.4.21

女の子は 足下にある綿毛のついたタンポポをちぎるや否や、すぐにプーと吹いた。
綿毛が飛んでいく様子が面白いらしい。
これにはカメラのシャッターが間に合った。

綿毛
2018.4.21

みれば、咲き終わったタンポポに綿毛が出来ていた。

綿毛
2018.4.21

さて、白いハルジオン(春紫苑)。
ハルジオンには、その他によく似たヒメジョオン(姫女苑)というのがある。

野花
2018.4.21

見分け方は、茎が中空になっているになっていることだという。
折ってみた。
ん、たしかに茎は中空だ。

野花
2018.4.21

女の子が 「おかあさ~ん、ムシがいるぅ !」 と叫んだ。
指さした先を見ると、リュックに緑色した小さな虫が止まっている。
遠くからこんな小さなのが見えるのか。
よっぽど目がいいみたいだ。
(それとも、自分の持ち物に “動くもの” がいたので気味悪く感じたのか?)

カメムシ
2018.4.21

お母さんは落ち着いて 「カメムシや」。
(へー、これもカメムシか。もちろん 私は知らなかった。)

カメムシ
2018.4.21

ウチに帰って調べてみたら、この小さな虫は 「アオクサカメムシ」 か 「ツヤアオカメムシ」 みたいだった。
たぶん 「アオクサカメムシ」 ではないか。
いずれにしろ、 カメムシは当りだった。

撮影地点=地図
2018.4.21






オドリコソウ

オドリコソウ(踊子草)が咲いていた。
おや、もう咲いてる ・・・、と思った。
しかし過去のブログを見たら、おととしは4月10日に咲いているのを見ている。
だから、決して早いとは言えない。

踊子草
2018.4.18 12:40 PM

オドリコソウは独特の形をしている上に、棘(とげ)まであり、さらに名前が変わっているので、すぐ覚えられる野草だ。

踊子草
2018.4.18

名前の由来が 『花のつき方が、笠をかぶった踊り子達が並んだ姿に似る から』 とのことなので、その様子を撮ってみた。
似ているのは 『笠』 だけで、想像を相当たくましくしないと踊り子達には見えない。
昔の人はえらいなぁ。

踊子草
2018.4.18

撮影地点=地図
2018.4.18






ゲンゲ (2)

ゲンゲ が咲いていた。

蓮華草
2018.4.18 12:10 PM

街なかでは珍しいと思ってまた撮ってしまった。

蓮華草
2018.4.18

私にとっては子供の頃に飾ってもらった大将人形を思い出すなつかしい花だ。

蓮華草
2018.4.18


撮影地点=地図
2018.4.18








面白い文様

この時期 京都御苑では ウマノアシガタ がもっともよく咲いている。
草地、道端 ・・・ いたる所で咲いている。

ウマノアシガタ
2018.4.18 12:00 PM

「お花畑」というのはこういう場合の形容詞として使うのだろうか。

ウマノアシガタ
2018.4.18

草地全体がパァーっと明るい感じになる。

ところで、写真を撮っていて気づいたが、ウマノアシガタの葉っぱにナメクジでも這ったのだろうか、面白い線がついている。

ウマノアシガタ
ウマノアシガタ
ウマノアシガタ
2018.4.18

とっても面白いので何枚もシャッターを押してしまった。
この絵の筆者は誰だろうか。

撮影地点=地図
2018.4.18

スミレ

スミレ(菫)が咲いていた。

スミレ
2018.4.18 11:40 AM

スミレ はとても種類が多くて 名前を見つけるのが難しいらしい。
その中でも、これが あのよく聞く ほんとの スミレ らしい。

スミレ
2018.4.18

スミレ
2018.4.18

スミレ
2018.4.18

でも苑内ではあまりお目にかからない。

撮影地点=地図
2018.4.18






ウバメガシの花

ウバメガシの花が咲いていた。
といっても、全然花らしくない が、いま花盛りだ。

姥目樫
2018.4.16 13:50 PM

黄色い房のようなのが無数に垂れ下がっている。

姥目樫
2018.4.16

全部は咲かないで、つぼみみたいなのもある。

姥目樫
2018.4.16

咲いたのからは黄色い花粉(?)が出て、葉っぱについていた。

姥目樫
2018.4.16


撮影地点=地図
2018.4.16






降り注ぐ花殻

銀杏の木の下に、足の踏み場もないほど花殻が落ちていた。
すごい量だ。

花殻
2018.4.16 12:40 PM

確かこの銀杏は秋にぎんなんがならない木だ。
ということは牡の木らしい。
従ってこれは雄花(おばな)ということになる。

こうして写真を撮っているときも、パラパラと落ちてくる。
降り注ぐ、って感じだ。

花殻
2018.4.16

ひとつまみ手に取ってみた。
よく見ると、花粉が飛び出たあとと思われるものと、そうなってないものとが混在している。

花殻
2018.4.16

専門的なことは分からんが、枝には落ちる寸前の花殻がついていた。

花殻
2018.4.16


撮影地点=地図
2018.4.16








霞桜

もうあらかた散ってしまっただろうと思っていた桜。
遅咲きで知られた霞桜(かすみざくら)がまだ残っていた。

霞桜
2018.4.13 14:50 PM

日が西に傾き、写真を撮るには少し遅い時間だったが、霞桜で戯れる孫を撮る親がいた。
中国からの観光客だそうだ。
もう桜は見飽きたのだろうか、こんなにキレーに咲いてるのに 日本人が全然現れない ・・・

霞桜
2018.4.13

やっと日本人が来た。
しかし、スマホのカメラに収めると足早に去って行った。
勿体ない。

霞桜
2018.4.13

遅咲きの桜は八重桜や里桜と厚ぼったいのが多い。
それはそれで見ごたえがあるが、この 『霞桜』 の清々(すがすが)しい風情はなんとも捨てがたい。

霞桜
2018.4.13

国花として日本人が好む桜はこれじゃなかろか。

霞桜
2018.4.13

斜めに射す西日の下でしばしうっとりした。

もうこれでことしの桜は終わりだろう。

撮影地点=地図
2018.4.13






ヘビイチゴ?

えーっと、以前とっかで見かけた黄色い花が一面に咲いていた。

ヘビイチゴ?
2018.4.13 14:30 PM

過去の私のブログを調べたら、去年5月3日付けで 「『ヤブヘビイチゴ(薮蛇苺)』というらしい」 とレポートしていた。
こちら、2017.5.3

きょう改めて見てみたところ、これは ヤブヘビイチゴ(薮蛇苺) じゃなくて単なる ヘビイチゴ(蛇苺) かもわからないな、と思った。

ヘビイチゴ?
2018.4.13

五弁の花びらの間から(がく)のようなモノが見えるのが特徴だ。

ヘビイチゴ?
2018.4.13

横から見るとこんな具合だ。

ヘビイチゴ?
2018.4.13

ついでに葉っぱも。

ヘビイチゴ?
2018.4.13

撮影地点=地図
2018.4.13






松花粉

昔はあまり聞かなかった 『花粉症』。
いまや国民病の様相だ。
私の周りでもマスクを外せない人、いつもティッシュを用意している人は多い。
その元凶は()花粉らしい。
松はどうなんだろう。

きょう苑内を歩いていたら、松の木から白い煙のようなものが飛び散っていた。
()花粉の季節になった。

松の花
2018.4.13 14:15 PM

指でちょっとゆすってみたら、パァーと飛び散った。
私のカメラが白い粒だらけになった。
(粒といっても極く小さく、粉と言ってもいいくらいだ。)

松の花
2018.4.13

同じ木でも、こちらは花粉を出し切った後らしい。

松の花
2018.4.13

私もこの粉みたいな花粉を吸ったと思うが、クシャミはしなかったし、どうもなかった。
松の花粉では 『花粉症』 にはならんようだ。

念のためインターネットで調べたら、「赤松は花粉症の原因になる」 と書いてあった。
この木は黒松だから大丈夫らしい。

撮影地点=地図
2018.4.13






モチノキの花

モチノキ(黐の木)に花が咲いていた。

モチノキの花
2018.4.10 14:00 PM

遠くから見ると黄色く見えるが、近づくと淡い黄緑だ。
密集して咲いている。

モチノキの花
2018.4.10

これはモチノキの雄花(おばな)だそうだ。
ツノのように伸びた4本が雄しべがあり、真ん中は退化した雌しべだそうだ。

モチノキの花
2018.4.10

図鑑には『ソメイヨシノが咲くころに咲く』とあった。

なるほど、桜は散ったから、こちらのモチノキも散り始めたらしい。
樹の下には、いま落ちたばかりの花が散乱していた。

落ちたモチノキの花
2018.4.10


撮影地点=地図
2018.4.10







ゲンゲ

林の木の下にゲンゲ(蓮華草)が咲いていた。

ゲンゲ
2018.4.10 13:40 PM

昔、田んぼなどで一面に咲いているのを見たことがあるが、ここは公園だし、環境が違うのか、一面に咲くという状態ではないのは残念だ。

ゲンゲ
2018.4.10

花はなかなか複雑な形をしている。
下の写真は、上から見たところ。
六角形で意外とまとまった形をしているではないか。
万華鏡を連想した。

ゲンゲ
2018.4.10


撮影地点=地図
2018.4.10






椿

苑内に1箇所だけ大輪の椿が咲くところがあるという。
かねて、苑内の事情に詳しいSさんから聞いていた。

椿
2018.4.10 13:20 PM

ああ、ここか。
とても大きなまっ赤な椿だ。
『日光椿』 という種類だろうか。

赤い椿
2018.4.10

そしてその隣には赤い()入りの白い椿。

椿
2018.4.10

椿は園芸品種として多くの種類が生まれているので、なんという椿か特定できない。
とにかく Sさんが言っていたとおりの大輪の椿だ。

白い椿
2018.4.10

樹の下には椿の花が落ちていた。

椿
2018.4.10

こんなのを見ると、昔の武家は縁起をかついで椿を忌み嫌ったのがよく分かる。

撮影地点=地図
2018.4.10







緑と黄色と紫と

御苑の草地にタンポポが群れて咲いているなかにムラサキ色のモノが点々と見える。

草地
2018.4.10 13:15 AM

ムラサキ色のモノは<ムラサキサギゴケ>で、御苑の春を彩る主役だ。

ムラサキサギゴケ
2018.4.10

タンポポの方はといえば、ことし初めて見たのは3月中旬だったが(→ こちら、2018.3.13 )、それから1か月、こんなに群れ咲くようになったのだ。


タンポポ
2018.4.10

再びムラサキサギゴケ。
この季節、苑内のどこでも見られるので、御苑を訪れたときはぜひ見てやっていただきたい。
ちなみに花の()アップは
草地に入るときは花をなるべく踏みつけないようにお願いします。

ムラサキサギゴケ
2018.4.10 13:15 PM
パソコンの方はマウスを乗せると、スマホ、タブレットの方はピンチアウトすると 拡大します

いま御苑は春真っ盛りだ。

撮影地点=地図
2018.4.10






御衣黄桜

しばらく京都御苑から足が遠のいていた。
といってもたった5日ほどだが、その間に桜もほとんど散り、いまや遅咲きの 御衣黄(ぎょいこう)(ざくら) が見ごろとなっていた。
この時期は、季節の移り変わりが早い。

御衣黄
2018.4.10 12:40 PM

御衣黄桜は黄緑色の花が咲く桜ということで知られており、話題性に富む。
だから、次々と訪れる人があった。

御衣黄
2018.4.10

しかし “珍しい” というだけで、美しさに欠ける。
実際、外国からと思われる観光客も近くに大勢いたが、関心はいま満開の 『里桜』 のほうで、御衣黄桜には見向きもしなかった。

里桜
里桜 2018.4.10 12:50 PM


撮影地点=地図
2018.4.10






ウマノアシガタ

しばらく京都御苑から足が遠のいていた。
といってもたった5日ほどだが、桜もほとんど散り、いまや里桜など遅咲きの桜の頃となっていた。
この時期、季節の移り変わりは早い。

桜の木の下に黄色い「ウマノアシガタ」が咲いていた。

ウマノアシガタ
2018.4.10 12:40 PM

艶のある黄色い花びらですぐわかる。

ウマノアシガタ
2018.4.10

きょうは思いっきりクローズアップしてみた。

ウマノアシガタ
2018.4.10
パソコンの方はマウスを乗せると、スマホ、タブレットの方はピンチアウトすると 拡大します


撮影地点=地図
2018.4.10







ヤハズエンドウ

春になって、草地で急に成長しはじめた野草。
あちこちで繁ってきたなぁ~ という野草がある。
ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)だ。
カラスノエンドウ(烏野豌豆)ともいうらしい。

きょうは、小さな花なので分かりにくいが、道端にあるヤハズエンドウに花がいっぱいついていた。
こないだまでは花が咲いていなかったような気がする。
そのつもりで見れば、けっこう咲いている。

矢筈豌豆
2018.4.5 15:00 PM

最近のこのブログで口癖となったが、このヤハズエンドウの花も例年に比べて早い。

矢筈豌豆
2018.4.5

矢筈豌豆
2018.4.5

きょうは曇りなので淡赤紫の色が冴えないが、花盛りだった。

撮影地点=地図
2018.4.5







ボイセンベリー?

野原に白い大きな花が咲いていた。
近づいてみると、花びらには紙をクシャクシャにしたような皺がある。

ボイセンベリー?
2018.4.5 15:00 PM

おや? いつか見たことあるな ・・・ ?
と、思って過去の私のブログを調べてみたら、かつて 『ボイセンベリー』 という植物の花ではないか、結論づけた花のようだった。

ボイセンベリー?
2018.4.5

ベリーならばベリーの実がなるはずだ。
果たして如何に?

撮影地点=地図
2018.4.5






ヤマブキ(山吹)

もうヤマブキ(山吹)が咲いていた。
満開といっていいだろう。
ことしは早い。

ヤマブキ(山吹)
2018.4.5 14:20 PM

通りかかった女性3人組のグループも写真を撮っていたが、2人しか写らない。
シャッター押したげましょか、と声を掛けたら 「お願いします」 とのこと。

山吹の花をバックに撮ったら、3人の陰になって、花はあまりしっかりと写らなかった。
そういってカメラを渡すと 「いや、ここに花がいますからダイジョーブ」 と前の人物を指さして 「ありがとうございました」 と言って行かれた。
笑い声だけが残った。

ヤマブキ(山吹)
2018.4.5

ヤマブキ(山吹)
2018.4.5

曇り空なので黄色は冴えていなかったが、けっこう見ごたえがあった。
いま、御苑内のあちこちに山吹が咲いている ・・・。

さっきの女性グループも 「私は山吹(の花)が大好き」 と目を細めていた。

撮影地点=地図
2018.4.5







萩は再生するか

夏から秋にかけてつつましく咲く萩(はぎ)の木。
根元からきれいさっぱり切られていた。
冬の間に処理されたらしい。

伐られた萩の木
きょう 2018.4.2 13:20 PM

参考までに、下 は生い茂っていたころの様子。
このときは花が少し咲いていた。

生い茂っていたころの萩
生い茂っていたころの萩 = 2015.8.30 撮影

こちら はきれいさっぱり切られた根元の、きょうの様子。

伐られた萩の木
2018.4.2

萩はこのように一旦根元まで切り戻すことで、再び美しく再生するのかもわからない。
はてさて、今後が楽しみだ。

撮影地点=地図
2018.4.2







水ぬるむ

ことしの春は記録的な暖かさだという。
きょうも最高気温が25℃を越えた。

所用で通りかかった小川では子供たちが水遊びに興じていた。

小川
2018.4.2 13:00 PM


撮影地点=地図
2018.4.2





皮桜

幹が皮だけになり、しかもねじれている。
かなり珍しい(痛々しい)容姿のサクラ。
人呼んで 『皮桜』 とも 『螺旋(らせん)桜』 ともいう。
御苑では有名な樹だ(と、私は思っている)。

けさ通りかかったら、見物人もなく静かに咲いていた。
でも、外人が一人寄ってきてカメラを向けた。
いままさに満開だ。

皮桜
2018.4.2 10:40 AM

幹はご覧のように皮だけとなってかなり痛々しい。
私が京都に移住して初めてこの樹を見たときは、桜のたくましい生命力に感心した。

皮桜
2018.4.2

その感情はいまも変わらない。

撮影地点=地図
2018.4.2







スミレの花

スミレの花が咲きだした。

スミレの花
2018.4.1 14:40 PM

結構広範囲に咲いている。
4月になったばかりだというのに、早い。

スミレの花
2018.4.1

スミレといってもいろんな種類があるらしいが、これは日本で最もポピュラーな 「タチツボスミレ」 という種類らしい。

撮影地点=地図
2018.4.1





桜散る

御苑の山桜が散り始めた。
風に舞って “落花盛ん” である。
このカメラはスローシャッターが利かないので落花が風に舞う様子は写せないが、ご容赦いただきたい。

桜散る
2018.4.1 14:30 PM

きょうは御苑の西隣に鎮座する護王(ごおう)神社の神幸祭とあって、建礼門前まで渡御(とぎょ)した神輿(しんよ)(みこし)がしずしずと通り過ぎて行った。

撮影地点=地図
2018.4.1







FC2Ad