京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

銀杏の花散る

銀杏の花が咲いている。

銀杏
2019.4.30 13:30 PM

しかし、もう散り始めている。

銀杏
2019.4.30

足下には花殻がけっこう散らばっていた。

銀杏
2019.4.30

こちらはきょうの銀杏の全景。

銀杏
2019.4.30


撮影地点=地図
2019.4.30







桜散る

もうあらかた散ってしまった桜だが、里桜は遅くまで咲いている。
その桜もどんどん散っている。
女性が 「悪いけどきれいやわ」 といいながら、花を揺すって花びらを散らしていた。

里桜
2019.4.27 3:30 PM

なかには花托から固まって落ちた花もある。

里桜
2019.4.27

なかなか集めるのはむつかしいが、それでもこれだけ集められた。

里桜
2019.4.27

ひとつき前、枝垂れ桜から咲き始めた。
それから1か月以上もいろんな種類の桜を楽しませてもらった。
それが、この里桜で最後となる。

里桜
2019.4.27

撮影地点=地図
2019.4.27









キュウリグサ

ベンチのそばに小さな花をつけた草があった。
キュウリグサ(胡瓜草)。

うす紫色の花びらの真ん中に黄色の輪があるので、見分けやすい。
ただ、近寄ってよく見ないとわからない、小さい花なのがが欠点だ。

胡瓜草
2019.4.26 12:40 PM

胡瓜草
2019.4.26

こちらがその花のクローズアップ。

胡瓜草
2019.4.26

胡瓜草
2019.4.26


撮影地点=地図
2019.4.26










タンポポ天国

いま タンポポ が花盛りだ。
きょうは 4月26日。

タンポポ
2019.4.26 12:30 PM

過去はどうだったかと調べてみたら、おととしの4月27日に 『最盛期』 との記事があった。( こちら、2019.4.27

タンポポ
2019.4.26

要するに、ちょうど今頃が タンポポ のいちばん多い時期だということらしい。
辺りには タンポポ のほかに ムラサキサギゴケ も群生していた。

タンポポ
2019.4.26

こんな状態だ。

ムラサキサギゴケ
2019.4.26 12:30 PM

ムラサキサギゴケ
2019.4.26

すぐ隣では、もうタンポポに綿毛ができていた。

綿毛
2019.4.26 12:30 PM

綿毛
2019.4.26

多彩な春の京都御苑だ。

撮影地点=地図
2019.4.26








ハルジオン

ハルジオン(春紫菀)の白い花が苑内各所で見られる。

春紫菀
2019.4.26

春紫菀
2019.4.26

白い花だが、咲く前はほんのり赤紫がかって見える。

春紫菀
2019.4.26

とっても微妙な色合いだ。

春紫菀
2019.4.26

茎を1本折ってみた。
中空だった。

春紫菀
2019.4.26

撮影地点=地図
2019.4.26










ハナミズキ

外来の木だが、街路樹などでよくみかけるハナミズキ。
市内各所で咲いている。
京都御苑にも1本あり、きょう近くを通ったら白い花が見えたので寄ってみた。

ことしは花の数が少ない。
去年の台風で枝が折れたのだろうか。

ハナミズキ
2019.4.26 12:00 PM

花に近づいてみると、その中心にホントの花みたいなのがあった。

ハナミズキ
2019.4.26

さらに近づいてみると、咲く前の蕾(つぼみ)状態の 【右】 と、咲いているの 【左】 とがあった。

ハナミズキ
2019.4.26

ウチに帰って確認すると、
花弁のように見えるのは「総苞」で、中心の塊が「花序」である。
実際の花は、4弁の直径5mm程度の目立たない花が集合して、順次開花する。
とあった。
植物学の名前はいつも聞きなれないむつかしいものだが、「総苞」とは、葉っぱみたいなものらしい。
そして、花の集まりを「花序」というのだそうだ。

撮影地点=地図
2019.4.26








松の花粉が飛ぶ

きょうの御苑は全体に白い霞がかかったようだ。
風がある。
風が吹くと、松林から白い粉のようなものが固まって飛び出してくる。

白い霞の正体は松の花粉だ。
歩いている人も驚いていた。

松
2019.4.26 11:50 AM

中国人観光客が写真を撮ろうとしていたが、花粉を撮るのはむすかしそうだ。

松
2019.4.26

こちらは咲く直前。
そして、こちらは咲いているところ。 いままさに花粉を飛ばしている。

松
2019.4.26

上の写真2枚を切り取って並べてみた。

松
【左】 咲いて花粉を飛ばしている雄花(おばな) 【右】 咲く寸前の雄花(おばな)


花粉
2019.4.26

近づいたら、私のカメラが花粉だらけになった。

撮影地点=地図
2019.4.26








銀杏の葉が出そろった

大きな銀杏の木。

銀杏
2019.4.26 11:30 AM

若葉が出そろった。

銀杏
2019.4.26

花も咲いた。

銀杏
2019.4.26

下は1週間前、4.19 の様子だが、このときは〔ツブツブは大きくなっているが〕花はまだ咲いてなかった。

1週間前
1週間前、4.19 の様子

撮影地点=地図
2019.4.26







ウマノアシガタ (2)

いま、ウマノアシガタが京都御苑のあちこちの草地を黄色に染めている。

ウマノアシガタ
2019.4.23 11:30 PM

外人の親子が遊んでいた。

ウマノアシガタ
2019.4.23

明るい 『お花畑』 だ。

ウマノアシガタ
2019.4.23

撮影地点=地図
2019.4.23










銀杏の芽 (7b) 雌花

銀杏の雌株。
こちらは花がなく(ほんとはあるらしいが)、葉っぱだけが大きく成長していた。

葉
2019.4.23 11:20 PM

葉
2019.4.23

ちなみに、こちらは3日前(2019.4.19)の様子。
それから比べると、きょうは葉柄(ようへい)が一層長くなっている。

3日前
3日前(2019.4.19)の様子

撮影地点=地図
2019.4.23









銀杏の芽 (7a)

銀杏の雄株。
3日前(2019.4.19)、つぶつぶのものがだいぶ大きくなっていた。

3日前
こちらは3日前の様子 (2019.4.19) 記事はこちら

それが、きょうは花となって咲いていた。

葉と花
2019.4.23 11:00 AM

葉と花
2019.4.23

葉と花
2019.4.23

葉と花
2019.4.23

撮影地点=地図
2019.4.23







カキドオシ

ムラサキサギゴケに似ているなぁ ・・・ と思って見ていたら、これ 『カキドオシ(垣通し) ですよね』 と声を掛けられた。
うーん、そうかな。
自信がない。

垣通
2019.4.21 11:40 AM

私が逡巡していると、近くにいたもう一人の人が 『カキドオシ ですよ』 と助け舟を出してくれた。
「あ、そうか、これが カキドオシ なのか !

垣通
2019.4.21

こちらはその葉っぱ。

垣通
2019.4.21


撮影地点=地図
2019.4.21








モミジの種

先日花が咲いたモミジの木だが、まだ花が咲き続けていた。

種
2019.4.21 10:00 AM

こちらは20日ほど前、花が咲きだした頃の様子。

石碑
4月3日、花が咲きだした頃

しかし、きょうよく見ると、花の側でもう赤い種ができはじめていた。
早い。

種
2019.4.21

こちらは種と花のアップ。

種
2019.4.21

撮影地点=地図
2019.4.21








霞桜

もう終わったと思っていた「霞桜」。
きょう、生物に詳しい K さんに会ったので、「ことしは(霞桜を)見逃しました」 と言ったら、「ほらそこに咲いてますよ」 と言われた。

霞桜
2019.4.21 09:20 AM

おやおや、こんなところにも。
灯台もと暗し、だ。

霞桜
2019.4.21

霞桜
2019.4.21

K さんによると 「山桜の葉の裏は粉をふいたように白っぽく見えるが、霞桜は艶があります」 とのこと。
どれどれ ・・・ あっ ほんとだ。

霞桜
2019.4.21

K さんは続けて 「花柄(かへい)葉柄(ようへい)には毛があります」
なるほど ・・・ うぶ毛が生えている。

霞桜
2019.4.21

葉柄を撮っていたら、小さな粒がついている。
あれっ? アブラムシカな?

霞桜
2019.4.21

K さん 「みつせん、といいます。蜜、せんはにくづきに泉 です。」
蜜腺(みつせん) か。
「腺」 という字は 「甲状腺」 にも見られるように 蜜 を分泌する器官のようだ。
勉強になった。

撮影地点=地図
2019.4.21










シャガ

ようやくシャガ(射干)が咲き始めた。
ことしは例年より遅目だ。

射干
2019.4.20

まだ蕾も多いので、これからもっと咲いてくれることだろう。

射干
2019.4.20

射干
2019.4.20

撮影地点=地図
2019.4.20








オドリコソウ

雑草に混じって、オドリコソウ(踊子草)の一群が咲いていた。

踊子草
2019.4.20 08:40 AM

地味な花で目立たない。

踊子草
2019.4.20

この草の名前の由来は 『上唇弁がかぶさっている様子が菅笠(すげがさ) をかぶっている踊り子に似ている から』 とのことだ。
『菅笠』 は確かに似ているが、それ以外は想像をたくましくしないと踊り子達には見えない。

踊子草
2019.4.20

撮影地点=地図
2019.4.20








銀杏の芽 (6b) 雌花

銀杏の雌株(めかぶ)では、新しい葉っぱが出来上がった。

雌株
2019.4.19 1:40 AM

参考まで、つい3日前、葉っぱはまだこんな状態だった。

3日前
3日前 (記事はこちら、2019.4.16

成長は早い。

雌株
2019.4.19


撮影地点=地図
2019.4.19







銀杏の芽 (6a)

銀杏(いちょう)は雌雄異株だ。
この銀杏の木は雄株(おすかぶ)で、芽からは葉っぱとともに、“つぶつぶ” のものが大きくなってきた。

雄株
2019.4.19 10:30 AM

約2週間前、銀杏の冬芽がぽっかり開いたところをレポートした。

2019.4.7
こちらは約2週間前の様子 (2019.4.7) 記事はこちら

そのときは、まだ葉っぱは折りたたまれた状態だったし、 “つぶつぶ” のものもちょっとのぞいている程度だった。

もうきょうはこんなに賑やかだ。

雄株
2019.4.19

こちらは全体の風景。

雄株
2019.4.19

撮影地点=地図
2019.4.19







御衣黄

御衣黄(ぎょいこう)という名前の桜が見ごろになっていた。
熱心に写真を撮っている男性がいた。
通りかかった女性が 「あ、これが御衣黄ね、きれいねぇー」 と言いながら近づいてカメラに収めていた。

御衣黄
2019.4.19 10:20 AM

一風変わっているだけに、相応の人気はある。
こちらは8日前、4月11日の様子。

御衣黄
こちらは8日前の様子 (記事は こちら

このときはまだ蕾hが大きくふくらんでいて、もうすぐ咲きそうな雰囲気だった。
それがきょうはほとんど咲きそろい、満開に近い状態である。

御衣黄
2019.4.19

白やピンクの桜を見慣れた者にとってはちょっと異様な花だが、まぁそれなりに見ごたえがある、といったところか。

御衣黄
2019.4.19


撮影地点=地図
2019.4.19








ど根性ざくら

このブログでたびたびレポートしているように、去年の台風21号は猛烈で、京都御苑の樹木にも大きな被害をもたらした。

こんなところにも倒れた桜の木があって、たくさんの花をつけていた。

桜
2019.4.16 13:00 PM

桜
2019.4.16

ヤマザクラのようだ。

桜
2019.4.16

あまりよく咲いているので写真を撮っていたら、そこへ4人グループがやってきた。

倒れた桜の木を見て
「惜しいな、冬のうちに立てておいたらよかったのに、いまからでは(修復は)むりだろな」
「お金より、人手がないんだろう」
などと言い合っていた。

一人が 「何という桜ですか」 とつぶやいたら、代表と思われる男性が即座に 「ど根性ざくらだな」 と命名した。
一同合点がいったような様子だった。

桜
2019.4.16


撮影地点=地図
2019.4.16







三つ巴

菫(スミレ)を中心に、黄色のウマノアシガタとタンポポが混じって咲いていた。
この時期、野草は一斉に咲きだすため、あちこちで花の競演だ。

菫
2019.4.16 12:50 PM

菫
2019.4.16

群生している菫もあった。

菫
2019.4.16

撮影地点=地図
2019.4.16










ドウダンツツジ

ドウダンツツジは白い花をいっぱいつけていた。

ドウダン
2019.4.16 12:40 PM

ドウダン
2019.4.16

ドウダン
2019.4.16

撮影地点=地図
2019.4.16








銀杏の芽 (5b) 雌花

銀杏 ( 雌株(めかぶ) ) の芽が大きくなり、葉っぱには 「葉柄(ようへい)」 まで現れてきた。

芽
2019.4.16 12:20 PM

こちらは2日前の様子。

2日前
2日前 ( 記事はこちら、 4月14日

葉っぱができあがるのはもうすぐの様子だ。

芽
2019.4.16

撮影地点=地図
2019.4.16









新緑のケヤキ

ケヤキが新緑でまぶしかった。

欅
2019.4.16 12:10 PM

過去のブログから 葉っぱが落ちた後の冬の様子の画像を探してみた。

冬枝
こちらは 冬の様子(2018.2.18)

ケヤキ独特の細長い葉っぱが成長していた。

欅
2019.4.16

よく見ると蕾みたいなものが無数についていた。
インターネットでしらべたら、これが花らしい。

欅
2019.4.16


撮影地点=地図
2019.4.16









銀杏の芽 (5a)

ここのところ 銀杏(いちょう)の芽の成長を追っている。
銀杏の葉の形がだいぶシッカリしてきた。

芽
2019.4.16 11:50 AM

ツブツブのような状態の花も咲く寸前だ。

芽
2019.4.16

一歩下がって全体を見ると、緑がいっぱいだった。

芽
2019.4.16

撮影地点=地図
2019.4.16









オニタビラコ

最近 オニタビラコ(鬼田平子) が増えてきた。
あちこちで黄色い花を見かける。

鬼田平子
2019.4.16 11:40 AM

鬼田平子
2019.4.16

鬼田平子
2019.4.16

鬼田平子
2019.4.16

インターネット情報によれば 「日本全土の道端や公園、庭のすみなどによく生える越年草」 とのこと。

撮影地点=地図
2019.4.16










アオキの花

小雨の中、アオキの花が咲いていた。 
たしか、雄花と雌花が違うのだったなぁ。

まずあったのは雄花。

アオキ
2019.4.14 13:30 PM

紫褐色の花びらに (やく) が4つある。

アオキ
2019.4.14

アオキ
2019.4.14

---------------------------------------

近くには 雌株(めかぶ)

アオキ
2019.4.14 13:40 PM

こちらは 赤い花びらに黄緑色の 「柱頭(ちゅうとう)」 がひとつ

アオキ
2019.4.14

花びらが黒くなっているのは、咲いてから日が経ったものらしい。

アオキ
2019.4.14

こうして注意して見ないと気づかない花だ。

撮影地点=地図
2019.4.14








オランダミミナグサ

苑内でよくみかける オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草) が咲いていた。
雑草らしい雑草だ。
「オランダ」というくらいだから帰化植物か。

阿蘭陀
2019.4.14

花が小さいなのであまり目立たないが、近づいてみるときれいな形をしている。

阿蘭陀
2019.4.14

けっこう うぶ毛が多い。

阿蘭陀
2019.4.14


撮影地点=地図
2019.4.14







ジューンベリー(西洋ザイフリボク)

西洋ザイフリボクの白い花が咲き始めた。
つい2日まえは蕾だったのに。

ジューンベリー
2019.4.14 13:10 PM

女性が写真を撮っていた。
「これ何という木ですか」 と聞かれた。
「えーっと、西洋 ・・・ 」 まで思い出せたがあとが続かない。

ジューンベリー
2019.4.14

清楚な花である。

ジューンベリー
2019.4.14

名前が 「ジューンベリー」 なので実がなると思うがまだ見たことない。

撮影地点=地図
2019.4.14









銀杏の芽 (4b) 雌花

雌花めばな はどんな具合かなと思って、毎年ギンナン(銀杏)のなる木の芽の様子を見に行った。

雌
2019.4.14

葉っぱはだいぶ大きくなってきた。
おとといは折りたたまれた状態だったが。

おととい
2日前 ( 記事はこちら、 4月12日

ここ2日間の違いは歴然だ。

雌
2019.4.14

撮影地点=地図
2019.4.14