京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

五月の野草 (1)

五月になった。
京都御苑に野草の花が最も旺盛に咲くころだ。
このごろ目立つのはウマノアシガタ、ハルジオン、カンサイタンポポなど。
一方、目立たないが小さい花をつけているものもたくさんある。

まず、オヤブジラミ。
小さな花なのでほとんど目立たないが、近づくとたくさん咲いている。

雄藪
2019.5.4 09:20 AM

オオ ヤブジラミ(大藪虱)かと思ったら、オヤブジラミ(雄藪虱)だそうだ。

雄藪
2019.5.4

(がく)の部分に毛がはえて、マジックテークみたいに先が曲がっている。

雄藪
2019.5.4

こちらは葉っぱ。

雄藪
2019.5.4


---------------------------------------

その近くで咲いている黄色い花は ブタナ(豚菜) か オオジシバリ(大地縛り) だろう。
オニタビラコ によく似ているが、オニタビラコ の葉っぱはロゼット状になるという。
こちらは細長い葉っぱで付け根の方に切れ込みが入っている。

豚菜
2019.5.4 09:30 AM

図鑑で見ると、花びらの数が多いので ブタナ(豚菜)かと思われる。

豚菜
2019.5.4

こちらは咲く寸前。

豚菜
2019.5.4


---------------------------------------

すぐその近くで、キウリグサに似た花をつけた草があった。
茎が地面に沿って伸びている。

名前を調べたら ハナイバナ(葉内花) というそうだ。

葉内花
2019.5.4 09:30 AM

花の中にまた花がある。

葉内花
2019.5.4

「花中花」 が 「葉内花」 となったのだろうか。

葉内花
2019.5.4


---------------------------------------

そのまた近くで、黄色い花があった。
これも、上記の ハナイバナ(葉内花) のように茎が地面に沿って伸びていて、そこに花がさいている。

小茄子
2019.5.4 09:40 AM

これも名前を調べたら 、コナスビ(小茄子) という草らしかった。

小茄子
2019.5.4

小茄子
2019.5.4


撮影地点=地図
2019.5.4