京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

梅、続報

梅が咲き始めて、京都御苑が華やぎはじめた。

うめ
2020.1.30 11:40 AM

あ、この紅梅は去年にもレポートした木だ。 ( こちら、2019.2.10
京都御苑には梅の木がたくさん植えられているが、その中でも一番よく咲いている。

うめ
2020.1.30

毎年、早く咲く木のようだ。

うめ
2020.1.30

うめ
2020.1.30

撮影地点=地図
2020.1.30







梅ほころぶ

このブログでも、なんどか梅をレポートしている。
ところどころに植えられている梅の花が咲き始めてきた。

うめ
2020.1.26 12:30 PM

こちらの白梅がよく咲いていた。
外人観光客がカメラに収めていた。
いい香りがするので目を細めていた。

うめ
2020.1.26

その隣にある紅梅。

うめ
2020.1.26

うめ
2020.1.26

冬日を浴びて咲いていた。

撮影地点=地図
2020.1.26









ナツミカン

御苑にはナツミカンの木が1本ある。

蜜柑
2020.1.26 12:00 PM

黄色い実がおおきくなっている。
もう食べごろだろうか。

蜜柑
2020.1.26

冬の陽をあびて輝いていた。

蜜柑
2020.1.26

撮影地点=地図
2020.1.26







ロウバイ

ロウバイが咲いていた。

蝋梅
2020.1.26 11:30 AM

日曜だというのに人出は少ない。
以前なら、ちらほら見に来る人もあったのに。
ソシンロウバイ と比べて地味なせいか。

蝋梅
2020.1.26

まだツボミも多いので、これからもっと咲いてくれそうだ。

蝋梅
2020.1.26

撮影地点=児童公園
2020.1.26







真冬にもう春の花

真冬は花が少ない。
春になれば花盛りとなる草地だが、真冬は寂しい。

・・・ と思いつつ歩いていたらハルジオン(?)がもう咲いていた。
茎が折れ曲がっているが花はたくさんついている。

ハルジオン
2020.1.11 13:20 PM

これがハルジオンかどうか自信ないが、もしハルジオンなら、図鑑には 『花期は5~7月』 と書いてある。
今年は記録的な暖冬なので、冬でも咲いてるんだろうか。

ハルジオン
2020.1.11

---------------------------------------

それで、他にも何か咲いてないかと周りを見渡したら、なんとカタバミが1つだけ咲いていた。

片喰
2020.1.11 13:30 PM

カタバミだって 『花期は5~7月』 だ。

片喰
2020.1.11

---------------------------------------

その近くには黄色い花の野草があった。
葉っぱの形から推測すると、ノゲシ(野芥子)らしい。

ノゲシ
2020.1.11 13:30 PM

こちらは、花といっても開く寸前の様子。
こんな株が あたりに いくつもあった。

ノゲシ
2020.1.11

やっぱり暖冬なんだなぁと思った。
さて、本格的な春がやってきたら野草はどうなるんだろう。

撮影地点=地図
2020.1.11















イヌマキ

道に実のようなものがいっぱい落ちていた。
踏まれて道を汚している。
イヌマキの実だ。

イヌマキ
2020.1.11 12:40 PM

たしか、イヌマキの()がなるのは秋だと記憶している。
季節外れだなぁ。

イヌマキ
2020.1.11

枝を見ると、まだ()はたくさん残っているではないか。

イヌマキ
2020.1.11

道の端の方には踏みつぶされずに残っている実があった。

イヌマキ
2020.1.11

直射日光が強すぎるので、ちょっと影をつくって取り直したのがこちら。

イヌマキ
2020.1.11

撮影地点=地図
2020.1.11







モミジの種だらけ

松や椎などの常緑樹を除き、枝だけになった木の多い御苑で、花が咲いたような木があった。

種
2020.1.9 11:50 AM

モミジの木だ。
種がわんさかぶら下がっている。
この時期、葉がおちたあとは種が目立つ。
しかし、これほどわんさかぶら下がっているモミジの木も珍しい。

種
2020.1.9

種
2020.1.9

種
2020.1.9

撮影地点=地図
2020.1.9








咲いた紅梅

御苑ではよく知られた紅梅。
早く咲くので有名だ。

しかし、ことしは咲くのが遅れ、去年暮れに見たときはまだ咲いてなかった。
苑内で会った人も 「まだですね」 とこぼしていた。

きょうまたも見に寄ったら、一輪咲いていた。
おぉ、いよいよ咲き始めたか。
去年は12月下旬にこんな状態だった。 ( こちら、2018.12.21
ことしは2週間ほど遅れている。

紅梅
2020.1.5 12:40 PM

と思ってよ~く探すと ・・・

高い枝にはたくさん咲いているのが見えた。
上の方は日当たりがいいせいだ。
木全体では、蕾ばかりで、まだ咲いていない。

紅梅
2020.1.5

しかしよく探すと ・・・
もすぐ咲きそうな蕾があった。

紅梅
2020.1.5

そんな蕾は難なくみつけられた。
たくさんある。

紅梅
2020.1.5

紅梅
2020.1.5

この木の、去年の満開は1月中旬だった。 ( こちら、2019.1.17
ことしは2週間遅れでも、今月末までには満開だろう。
春はもうすぐそこまで来ている。

撮影地点=地図
2020.1.5








またもサザンカ

つい先日もサザンカをレポートしたばかりで恐縮だが、ここにも目を引くサザンカの木があった。
この時期は目の保養になるものが少ないので、目は自然とこういう花に向く。

山茶花
2020.1.5 12:10 PM

かなり大きい木で、たくさんの花がついている。
蕾も多いから、まだ長く楽しめそうだ。

山茶花
2020.1.5

けさの時雨(しぐれ)に濡れていた。

山茶花
2020.1.5

撮影地点=地図
2020.1.5








ロウバイ (3)

ロウバイ(ソシンロウバイ)が満開だった。
えっ ?! もう、こんなに?
あたりは芳香につつまれていた。

蝋梅
2020.1.5 11:40 AM

最初は「どうも今年は蕾が少ないようだ。」と心配していた。( こちら、2019.12.10
しかしその後、葉っぱが散ると蕾がたくさん現れ、花も咲き始めた。( こちら、2019.12.27

心配は無用だった。
やっぱり自然は正直だ。
これはきょうの満開の様子。

蝋梅
2020.1.5

見頃だ。

蝋梅
2020.1.5

このブログ 『京都御苑の四季』 はことしもロウバイの記事からスタートと相成った。

撮影地点=地図
2020.1.5