京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

モミジの紅葉 (8)

モミジ | 紅葉 | 京都御所いま御苑のモミジはどれも色づいてキレイだ。

もみじ
2021.11.27 14:10 PM

テレビでは、コロナが収束の様相を呈し京都に観光客が戻ったと、バスに乗るために長い行列を作っている風景を映しているが、京都御苑では土曜の午後というのに人けが少ない。

もみじ
2021.11.27

時おり射す日の光を浴びて、いろんな色が楽しめる。

もみじ
2021.11.27

撮影地点=地図
2021.11.27









モミジの紅葉 (7)

モミジ | 紅葉 | 京都御所真っ赤に色づいたモミジがあった。

もみじ
2021.11.25 10:20 AM

きのうは最低気温が 5.5 ℃まで冷えたという。
秋も徐々に深まっていく。

もみじ
2021.11.25

もみじ
2021.11.25

時おりカメラを持った人が近づいてくるが、あたりはしーんとして静かだ。

もみじ
2021.11.25

・・・ とそこに子どもの歓声が聞こえた。

もみじ
2021.11.25 10:30 AM

近くの幼稚園の子ども達か。

撮影地点=地図
2021.11.25










ヤツデの花

ヤツデ | 京都御苑ヤツデに白い花が咲いていた。

やつで
2021.11.25 10:00 AM

咲いているのやら咲く前みたいなのが混じっている。

やつで
2021.11.25

知らべてみたら、白く派手に咲いているのは雄花だとのこと。
植物はいろいろ難しい。

やつで
2021.11.25

撮影地点=地図
2021.11.25









サクラの秋景色

サクラ | 桜 | 京都御苑紅葉した木があって、あたりは秋の雰囲気が漂っていた。

Y-136
2021.11.25 09:40 AM

サクラの木だ。
いましも風に乗ってはらはらと散ってくる。

Y-136
2021.11.25

もうかなり散っていた。

Y-136
2021.11.25

サクラの他にエノキやケヤキの葉っぱも混じっている。

Y-136
2021.11.25

撮影地点=地図
2021.11.25







モミジの紅葉 (6)

モミジ | 紅葉 | 京都御所京都御所のお庭のモミジもきれいに色づいていた。
御学問所(おがくもんじょ)のある御池庭(おいけにわ)から御内庭(ごないてい)に向かうところ。( 👇 )

御所
2021.11.23 12:20 PM

御所
2021.11.23

御内庭に入ると、そこにも見事に色づいたモミジの木。( 👇 )

御所
2021.11.23

御所
2021.11.23

こちらはその木を振り返ってみたところ。( 👇 )

御所
2021.11.23

2021.11.23










赤い南天

ナンテン | 南天 | 京都御苑「赤い南天」 と書くと 南天は赤いに決まってるじゃないかといわれそうだが、この南天は殊更赤くて目を引く。

南天
2021.11.23 12:20 PM

ここは京都御所内、御学問所(おがくもんじょ)という建物の東北。
東北の方角ということは ・・・・、これは鬼門除けの南天か?

南天
2021.11.23

2021.11.23







センダンの実

センダン | 栴檀 | 京都御苑センダンの実がなっていた。
秋のやわらかい陽ざしを浴びて鈴なりだ。

栴檀
2021.11.23 11:50 AM

でもまだ熟してないらしいし、葉っぱもたくさん残っている。

栴檀
2021.11.23

そこで去年の記事から引っ張り出してきた写真がこれ( 👇 )。
撮影日は12月11日だが、葉っぱはすっかりなくなっている。

落葉後
2020.12.11撮影、記事はこちら

いまは落葉の真っ最中といったところ。

栴檀
2021.11.23

なおこちら( 👇 )は きょうのセンダンの木の全景。

栴檀
2021.11.23 12:30 PM

撮影地点=地図
2021.11.23










モミジの紅葉 (5) 建春門前

モミジ | 紅葉 | 京都御苑またもモミジの紅葉で恐縮です。
こんどは建春門前のモミジ。
前夜来の雨があがり、けさは晴天。
若い人のグループが自撮り棒で1枚の写真に収めていた。
青空に紅葉が生える。

建春門
2021.11.23 11:30 AM

遠くから見るとくすんで見えるが、近づくと明るくなる。

建春門
2021.11.23

京都御苑のモミジは今が見ごろだ。

建春門
2021.11.23

撮影地点=地図
2021.11.23







銀杏の黄葉 (2) 凝華洞

イチョウ | 銀杏 | 京都御苑銀杏の巨木が黄色く色づいていた。
京都御苑でもよく知られた銀杏の木なので、朝早いけど 次々訪れる人がいる。

凝華洞
2021.11.23 09:00 AM

銀杏の木の根元の方は、右隣に生えているエノキ(榎)の枝が黄色くなって張りだしている。
両者一体となって黄色になっている。
近づくと圧倒される。

凝華洞
2021.11.23

女性が私に近づいてきて 「樹齢どれくらいですか」 と聞かれた。
まあ、100年とか200年とか程度かと思うが 自信がないので答えに迷っていると 女性の方から 「500年くらいはするわね」 と言いながら 木の方に近づいていった。
そして ・・・ 幹に手を当てるや
『パワーをもらっていこ』 といいながら、しばらくじっとしていた。

凝華洞
2021.11.23

こうい巨樹は、私のような信仰心のないものにとっても、なにか霊的なものを感じる。

撮影地点=地図
2021.11.23








モミジの紅葉 (4)

モミジ | 紅葉 | 京都御苑京都御苑はいま紅葉の真盛り。
毎度同じテーマで恐縮です。

紅葉
2021.11.21 12:00 PM

こちらはオレンジから赤のグラデーションが見事だ。

紅葉
2021.11.21

撮影地点=地図
2021.11.21








モミジの紅葉 (3)

モミジ | 紅葉 | 京都御苑ここにも紅葉したモミジの木があった。
京都御苑はいま紅葉の見ごろである。

紅葉
2021.11.21 11:50 AM


紅葉
2021.11.21


紅葉
2021.11.21

撮影地点=地図
2021.11.21









イヌホオズキ

イヌホオズキ | 犬酸漿 | 京都御苑女性がしゃがんで草むらを見つめていたので、何かありますかと聞いてみた。
すると 「ここにこんな花が咲いているけど、何の花ですか」 と反対に聞き返された。

犬酸漿
2021.11.21 11:40 AM

そういえば 白い花のついた草が群生している。

犬酸漿
2021.11.21

「青い実もなってるでしょ?」 と。
葉っぱをかきわけてみると、なるほど実がなっている。
えーっと、なんという草だったかな。

犬酸漿
2021.11.21

『イヌホオズキ(犬酸漿)』 だ。
京都御苑は最近手入れが行き届いていて、草が繁るとすぐ刈り取られてしまう。
その間隙を縫って生き延び、成長したらしい。
この時期に咲く野草は珍しい。

犬酸漿
2021.11.21

真ん中の黄色い 「葯(やく)」 が印象的だ。
白い花の先が紫がかっているので「アメリカイヌホオズキ」というのかもわからない。

犬酸漿
2021.11.21

撮影地点=地図
2021.11.21







サザンカ

サザンカ | 山茶花 | 京都御苑『サザンカ(山茶花)』 が咲いていた。

山茶花
2021.11.21 11:30 AM

足元に花びらが散乱しているところを見ると、もうかなり前から咲いていたのか。

山茶花
2021.11.21

紅白揃って花盛りだ。

山茶花
2021.11.21

撮影地点=地図
2021.11.21








モミジの紅葉 (2)

モミジ | 紅葉 | 京都御苑薄日の射す日曜の昼前、モミジの木の下で着物姿の女性を撮る人がいた。
モミジは真っ赤に色づいていた。

紅葉
2021.11.21 11:10 AM

あたりにあるモミジの木もみなきれいに紅葉している。

紅葉
2021.11.21 11:20 AM

人々は思い思いに楽しんでいた。

紅葉
2021.11.21

いま御苑は紅葉の見ごろを迎えている。

紅葉
2021.11.21

撮影地点=地図
2021.11.21








ムクの黄葉

ムク | 椋 | 京都御苑目の前の大きな樹が黄葉していた。
見れば文字どおり 『巨樹』 だ。

椋
2021.11.17 09:30 AM

椋縦、右寄せへぇー、こんなところに大きな木があったんだ。
気がつかなかったなぁ。

見あげると、黄葉した葉っぱが好天の青空に映えて美しい。

幹の感じから、この木は 『ムクノキ』 らしい。

足下には黄色い落葉が広がっているが、これはてっぺんの高い所から散ったものらしく、目の届く範囲はまだ葉っぱが残っている。
これから散れば、一面の「黄色の絨毯」になるのだろうか。

椋

太い幹には木蔦がからまっていた( 👆 )。

椋
2021.11.17

よく見ると紫色した実が見える。
熟した「椋の実」だ。

椋
2021.11.17

まだ熟してない青いのと並んでいるのもあった。

椋
2021.11.17

撮影地点=地図
2021.11.17





モミジの紅葉はじまる

モミジ | 紅葉 | 京都御苑ここのところ、朝の最低気温は10℃を割り込むようになった。
お陰でモミジが色づいてきた.

紅葉
2021.11.17 09:10 AM

朝の光を浴びてモミジが赤く輝いていた。

紅葉
2021.11.17

撮影地点=地図
2021.11.17







マユミの実

マユミ | 真弓 | 京都御苑楽しみしていたマユミの実が赤くはじけていた。

真弓
2021.11.15 14:00 PM

いつも思うが、ほんとにとろけるような鮮やかな赤だ。

真弓
2021.11.15

撮影地点=地図
2021.11.15







ハゼの紅葉

ボダイジュ | 珊瑚樹 | 京都御苑ハゼの紅葉が始まった。

ハゼ
2021.11.15 13:20 PM

青空に映えて美しい。

ハゼ
2021.11.15

ハゼ
2021.11.15

撮影地点=地図
2021.11.15







一条邸跡の銀杏

銀杏 | イチョウ | 京都御苑乾門から京都御苑に入ろうとしたとき、門の向こうに銀杏の巨木が黄色く色づいているのが見えた。

銀杏
2021.11.15 13:10 PM

1週間ごぶさたしていた間に、秋は深まっていたようだ。
この巨樹は目立つところにあるので、毎年多くの人を惹きつけるのだが、きょうは平日(月曜日)のせいかひっそりしている。

銀杏
2021.11.15

やっと一人の女性が近づいてきてカメラのシャッターを切っていた。

銀杏
2021.11.15

まだ、散るそぶりはない。

撮影地点=地図
2021.11.15






水草で埋まる

水草 | 御溝水 | 京都御苑きょう御所の側を通ったら御溝水(みかわみず)が水草(みずくさ)で埋まっていた。

水草
2021.11.7 11:30 AM

永年御溝水は見ているが、こんなに埋まっているのを見たのは初めてだ。
季節は秋なのに。
この水は地下水源と聞いている。
カルキが入ってない天然水だから、水草が成長する環境にいいのがろう。

景観からすると好ましくないが、環境にいいとなれば、痛し痒しだ。

2021.11.7

---------------------------------------

追記 2023.9.22

御溝水(みかわみず)で藻(水草)を刈る作業をしておられるところに出会った。

藻
2023.9.22 13:30 PM

「これ、なんという藻(水草)ですか?」 と聞いてみた。
「さぁー」「わかりません」 との答え。

藻
2023.9.22

天然水でカルキが入ってないので水草にはいい環境だと聞いている。
「刈ってもすぐ増えてきますねぇー」 と同情すると、「年に5回は刈ってますよ」 との答え。
へぇー、ご苦労さんです。
美観を維持するにはこんな努力もあったのだ。

藻
2023.9.22

気持ち悪いような藻のかたまりだった。

2023.9.22





サクラの紅葉

ボダイジュ | 珊瑚樹 | 京都御苑徐々に深まりゆく秋。
建礼門前の桜が色づいていた。

桜
2021.11.4 14:00 PM

春先、満開の頃はこんなに(👇)華やかだったのに、いまは寂しい光景だ。

今春
ことしの春(2021.3.30)の様子、記事は こちら

その近くでは紅葉した桜と、黄葉した桜の木があった。

桜
2021.11.4 14:00 PM

こちら(手前)の木は真っ赤だった。

桜
2021.11.4

撮影地点=地図
2021.11.4









エノキの黄葉

えのき | 榎 | エノキ | 京都御苑昨今、朝夕冷え込むようになった。
御苑では エノキ(榎)の葉っぱが黄色くなっていた。
この木は以前 『黄葉第1号』 としてレポートしたエノキだ。( こちら、2016.10.10

榎
2021.11.3

やはり目立つので、繰り返しシャッターを押している人がいた。

撮影地点=地図
2021.11.3