京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

春の野草

最近、花の咲く野草が増えてきた。

黄色の花ではタンポポに並んでよく見かける 『ウマノアシガタ』 。

ウマノアシガタ
2017.4.19 10:00 AM

比較的大きい花なのでよく目立つ。

ウマノアシガタ
2017.4.19

ウマノアシガタ
2017.4.19

2012年にこのブログを立ち上げて以来、お馴染みになった花だ。

---------------------------------------

と、その近くに見慣れない花をつけた植物があった。
花は比較的大きい。
葉っぱはイチゴに似ている。
何の花だろう。

ボイセンベリーの花?
2017.4.19 10:05 AM

ウチに帰って調べてみた。

5弁の花びら。花びらは紙をクシャクシャにしたような皺がある。
長い多数のおしべ。先っぽには茶色い(やく)
花びらと花びらの間には(がく)の残りだろうか、細いモノが見える。
・・・ これだけ特徴が揃っておればスグ見つかるとタカをくくっていたが、該当するものが見当たらない。

ボイセンベリーの花?
2017.4.19

ボイセンベリーの花?
2017.4.19

そして、やっとわかったのが 『ボイセンベリー』 という植物の花ではないか、ということだった。

解説には、
ボイセンベリー(Boysenberry)は、ブラックベリーとラズベリーを交配した木いちごの仲間と言われている。
しかし交配してもボイセンベリーが生まれることは確認できてない。
従って突然変異によって出現した品種かと思われる。
もともとカリフォルニア州の農場で栽培していたルドルフ・ボイセン (Rudolph Boysen)という人の名に由来する。
ポリフェノールやアントシアニンなどが多く含まれていることがわかっているので、いま健康果実として注目をあびている。

などと書かれてあった。
野生種でなく外来種であるところから、誰かが京都御苑に移植したものと思われる。

---------------------------------------

と、またその近くに小さな白い花をつけた野草があった。

オランダミミナグサ?
2017.4.19 10:05 AM

これも調べてみたところ 『オランダミミナグサ』 らしかった。
オランダミミナグサなら、このブログでも、かつて こちら でレポートしたことがある。

オランダミミナグサ?
2017.4.19

オランダミミナグサ?
2017.4.19

しかし、オシベの色が違うし、花びらはウチに反っているようにも見える。
だから、オランダミミナグサではないのかも分からない。

---------------------------------------

と、またその近くに淡い紫色に模様の入った花をつけた野草があった。
『カキドオシ(垣通し)』だ。
このブログでも、かつて こちら でレポートしたことがある。

カキドオシ(垣通し)
2017.4.19 10:10 AM

壺状になった入口に白い毛(?)みたいなのがあるのが面白い。
蜜を吸いに来た虫がしばらく遊んでくれるように仕組んであるんだろうか。

カキドオシ(垣通し)
2017.4.19

以上の野草はどれも同じ場所で撮影できた。

撮影地点=地図
2017.4.19













コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/1000-366769b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad