京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

果実の季節

暦は8月になった。
私が京都御苑(きょうとぎょえん)も四季の移ろいを追うつもりで始めたブログ『京都御苑の四季』も半年経った。

きょう、京都御苑内を散歩していると果実がなっているのが目についた。

まずは(もも)
八百屋さんやスーパーで売られている桃と違って梅の実そっくりだ。
(葉はもちろん桃のそれだが)

桃の実が実る
2013.8.3

にわかにはこれが桃の実だとは信じられない。
下草の上に落ちている桃の実。

一見したところ梅の実みたい
2013.8.3

一帯は「桃林」といって桃の木がたくさん植わっている。
ふと見ると桃の実を拾ってビニール袋に入れておられるご婦人がおられたので声を掛けてみた。
『食べられないけど、いい匂いがするのでウチに持って帰る』んだとか。
私の鼻に近づけて『ほら匂うでしょ』と言われたがかすかな桃の匂いなので、室内に飾っても匂うか心配になった。

そこへ通りかかったオジサンが『拾わんでも枝に付いてるキレエなの持った帰ったらええわ』と声を掛けてくれた。
ご婦人は『枝のん採ったら悪いし・・・落ちてるのを拾ていきます・・・』と
オジサンは『焼酎に漬けて桃酒にするのもいいよ』と言って去って行かれた。

その桃林からしばらく行くとカリンの実が成っていて、(別の)女性がカメラに納めようとしていた。

カリンの実も実った
2013.8.3

私は、この木がカリンの木であることは知っていた。
カリンの花が咲いているところは 4月20日 のブログに書いた。
【⇒ こちら をクリックしてください。別の画面で開きます。】

カリンの実
2013.8.3

それで私は「これ、カリンですよ」と教えてあげたら、その女性は『黄色くないですねぇ~』とやや不満そう。
たしかに我々の知っている黄色いカリンの実と違てキミドリだ。
多分、これから秋にかけて黄色く熟すんだろう。

2013.8.3

---------------------------------------


追記 2013.8.4

きょう京都御苑内を歩いていたら銀杏(ぎんなん)が大きく実っていた。
秋には熟して食べられるようになるんだろ。

イチョウの実
2013.8.4

2013.8.4

撮影地点=地図





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/104-a1034f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad