京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ナラ枯れ被害

今回もこのブログのテーマ「四季の変化」とは関係ない話題だ。

京都御苑を管理する環境省の「京都御苑マップ」にも載っているアラカシの木。
かつてこのブログでも 『整った形をしている立派なアラカシの木』 として紹介したことがある。

立派なアラカシ
立派なアラカシの木 2015.4.29 撮影

或る人が私に 「あのアラカシの木が伐られた」 と教えてくれた。
それですぐとんで行った。
きれいサッパリ根元から伐られていた。

伐られたアラカシの跡
2018.3.13 11:00 AM

御苑では マテバシイ、アラカシ、スダジイなど ブナ科の樹木がカシノナガキクイムシによって枯れる「ナラ枯れ」の被害を受けていることはよく知られており、幹にビニールシートを巻いたり薬液を塗ったりしてカシノナガキクイムシが木に潜り込まないように予防している。
このアラカシも多分 「ナラ枯れ」 になったのだろう。
惜しい !!

伐られたアラカシの跡
2018.3.13

これは伐られた跡。

伐られたアラカシの跡
2018.3.13

御苑の樹木の様子はどんどん変わっていっている。

撮影地点=地図
2018.3.13










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/1196-1650facd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad