京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

満開の「黒木の梅」

きょうは気温もあがり最高気温は17℃になったという。
うららかな春の一日となった。
梅林を見たついでに足を延ばし「黒木(くろき)の梅」を見に行った。
 クリックすれば別のウインドウで開きます
数週間前、京都御苑を管理する環境省の方は「黒木の梅は八重の紅梅で満開の頃は見事だからぜひ見に来てください」と仰っていた。

生れてはじめて見る、満開の「黒木の梅」だ。
いままさに花盛り。
一般に、梅の花は「清楚」だが、厚ぼったい「黒木の梅」の花は豪華絢爛。
普通の梅が平安朝ならこちらは安土桃山だ。
遠景に京都御所の建礼門を入れて撮ったのがこの1枚

黒木の梅①
2013.3.16

なるほど・・・
建礼門の向うには北山が霞んで見える。

さらに梅の花をアップにして撮ったのがこれ。↓

黒木の梅②
2013.3.16
豪華絢爛な“安土桃山”の(おもむき)だ。

さらにもう1枚。↓
こちらは花びらが少ない。
同じ樹だけどこんな花もあった。

黒木の梅③
2013.3.16

黒木の梅が植わっているところは下の地図の地点。
地図でわかるように建礼門のまっすぐ南。

黒木の梅はここです
2013.3.16












コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/12-a7f00f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad