京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

カマツカ

前のブログ「トチノキ」の花を見に来た人が、その隣のカマツカにも花が咲いていたので、こちらにもカメラを向けていた。

カマツカ
2018.4.28 14:10 PM

一面に白い花がついている。

カマツカ
2018.4.28

近づいてよく見ると ・・・
オシベがとっても長くて放射状に張りだしている。
それがかたまって咲いている。

黒いケシツブみたいなのが気になった。
インターネットで調べてみたら 『葯は最初は白いがやがて黒くなる』 とあった。

カマツカ
2018.4.28

じゃぁ、そのケシツブは何個あるのか。
『雄しべは20個』とのこと。インターネットではなんでもわかる。

なかにはツボミもあるが、まぁ 満開 といったところだろう。
(黒くなった葯があるので、開花してやや経つのか?)

カマツカ
2018.4.28

『花弁は円形のお碗状で5枚、雌しべは先で3つになる。』
そうか、写真を見たら花弁(はなびら)はインターネットの説明どおりだ。
だが、「雌しべは先で3つになる」は写真では確認できない。

撮影地点=地図
2018.4.28






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/1251-60202b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad