京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

桜の切り株

きょうのブログは 『四季』 ネタではありませんが、面白いものを見つけたので書きます。

京都御苑を歩いていたらイヌを連れた女性が、まあるい切株の中を触っていた。
どーしたのかと聞いたら 「もの中のものがふわふわなので・・・」 という。
へぇー !?

桜の木だが、先日の猛烈台風21号で倒れたらしい。
しかし、庭師さんが、幹が中空になっているのが面白いと感じてこのように残したのか、或いは管理する環境省の計らいかわからないが、幹の一部を残したものらしかった。

切株の中を私も触らせてもらったが、まるでスポンジのようだ。
近くにいた外人女性が、私たちに近づいてきたので説明した。

切株の形が面白いのか、写真を撮り始めた。

桜の切株
2018.11.14

こちらは切株の中のスポンジ状のもの。
皮に近い部分はしっかりしているが、中が虫に喰われたらしい。

桜の切株
2018.11.14

そういえば、革だけになった(幹が中空になった)桜の木をよく見かける。
これは桜の木の生態かも分からない。

撮影地点=地図
2018.11.14

---------------------------------------

追記 2018.11.16
ところで、あのときは切り株をよく撮ってなかったので、きょう通りかかったときにも一度シッカリと撮ってみた。

桜の切株
2018.11.16 13:00 PM

桜の切株
2018.11.16

そして、インターネットで調べたところ、これは虫に喰われたのではなく、心材を腐朽させる 腐朽菌 のしわざだそうだ。
栄養 (根から吸い上げた養分) は 「辺材」 と呼ばれる外周部を通って各部へ運ぶので、心材が空洞化しても生育上はいささかも支障がないのだそうだ。
辺材は、数年で生活機能(水分通導、養分貯蔵)を失い、心材になるという。
心材になると細胞が死ぬというのが生態らしい。









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/1339-c275e191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad