京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ぺんぺん草

2週間ぶりに京都御苑を訪れた。
2月も後半になったので、春の野草の花が咲いていないか探してみた。

そこでやっと見つけたのが、さきほどレポートした タネツケバナ だった。 ( こちら
そして、その近くに ぺんぺん草 (ナズナ、薺) が1つだけ咲いていた。

薺
2019.3.15 14:40 PM

一瞬名前がわからなかったが、花の下についている三味線のばち(撥)のような形をしたモノがついているのですぐわかった。
よって、シャミセングサ(三味線草)ともいうらしい。

薺
2019.3.15

以前、「三味線のばち(撥)みたいな葉」 と書いたことがあったが、これは葉っぱではなくて「種」(果実) なのだだそうだ。

薺
2019.3.15

そのほかにも、ぺんぺん草 が咲いていないか辺りを探してみたが、他には咲いてないみたいだった。

撮影地点=地図
2019.3.15







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/1391-a3f88ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)