京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

杜若(カキツバタ)

杜若(カキツバタ)がよく咲いていた。
きれいなムラサキ色が目に染みる。

杜若
2019.5.12 13:40 PM

以前は池に水があったが、いまは干からびている。

杜若
池に水があった頃(2017.5.13)

それでもよく咲いている。

杜若
2019.5.12

インターネットによれば、杜若(カキツバタ)、菖蒲(アヤメ)、菖蒲(ショウブ)、花菖蒲(ハナショウブ)があって、『ぐちゃぐちゃの4つ巴』 の状態だという。

そのうち、菖蒲(ショウブ)は 『菖蒲湯に入れるのので、これはサトイモ科で別物 』 だが、残り3つはいずれも 『アヤメ科アヤメ属に分類される植物で、似ているのは当然だ』 という。

結論らしきインターネットサイトがあった。
水辺で咲いている → 杜若か花菖蒲。あやめではない。
乾いた畑で咲いている → あやめか花菖蒲。杜若ではない。

うーん、以前は水辺で咲いていたのだが、いまは水が干上がっている。
これじゃ判断がむつかしい。
別のインターネットサイトには
花弁のつけ根が、
白の目型模様 → 杜若(カキツバタ)
網目模様 → あやめ
黄色の目型模様 → 花菖蒲

とあった。
花弁の模様が白の目型模様なので、杜若(カキツバタ)だと思うのだけど。

撮影地点=地図
2019.5.12









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/1478-699a6d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)