京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

センダン

そろそろ 『センダン(栴檀)』 の花の咲くころだ、と思って少し前から気にしていた。
きょうも寄ってみたら、咲き始めていた。

栴檀
2020.5.17 14:00 PM

淡い紫色の花で、真ん中に濃い紫色のものが見える。

栴檀
2020.5.17

雄しべが円筒形を形成しているのだそうだ。

栴檀
2020.5.17

まだ咲き始めなのか、こんな蕾(つぼみ)もあった。(

栴檀
2020.5.17

また、去年の実(み)も残っていた。

栴檀
2020.5.17

昔から 『栴檀は双葉より芳し』 というが、≪芳しい香り≫ がするのは 『ビャクダン(白檀)』 だそうだ。
インターネットで調べたら、
白檀(ビャクダン)はインドの栴檀(センダン)のことで、日本の栴檀ではない。
日本の栴檀は昔から 「あふち」(おうち) と呼ばれており、万葉集、新古今集や枕草子にも 「あふち」 は登場する。
「あふち」 は秋には実が鈴なりになり、その様子が 千個の団子のようにぶら下がるので 「千団子(せんだんご)」 とも呼ばれた。
江戸時代に近江の園城寺(三井寺)ではあふちの実にちなんだ 「千団子祭」 という行事があったが、その 「千団(せんだん)」 の部分を寺ではわざと 「栴檀」 と書いたので、世間では 「あふち」 を 「栴檀」 と呼ぶようになった。
とのことだった。

撮影地点=地図
2020.5.17






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/1749-4d4e9b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)