京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ヒイラギモクセイ

先週京都御苑(きょうとぎょえん)に行ったとき、苑内の閑院宮(かんいんのみや)邸跡のお屋敷の中庭に珍しい木があって花が咲いていると聞いた。
きょう、その木の写真を撮らせてもらった。


2013.11.6

白い小さな花で、キンモクセイの花に似ている。(白いからギンモクセイか)
また、葉っぱはヒイラギ(柊)みたいだ。
そこで、この木の名前は「ヒイラギモクセイ」というのだそうだ。

he_ragie24.jpg
2013.11.6

近づくと、上品な甘~いいい香りがする。
香りはキンモクセイより上品だ(と思った)。
なるほど葉っぱはヒイラギ(柊)そっくりだ。
葉脈が浮き出て面白い。

he_ragie25.jpg
2013.11.6

木の下にはもうかなりの花びらが散っていた。
散り始めてから数日~1週間ほど経っているような感じだ。
図鑑によると「ヒイラギモクセイ」は10月に咲くというから、ちょうど今がシーズンのようだ。

he_ragie26.jpg
2013.11.6

撮影地

撮影地点=地図
2013.11.6




















コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/176-bfea5766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad