京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

チガヤ

この頃 チガヤ の白い穂 「絹毛」 が見られる時期かなぁと思っていたが、きょう 御苑内で やっと見かけることができた。

白い穂が思い思いに風になびいていた。
どこにでも生えていそうだが、そうはいかないらしい。
年にほんの一時期にしか見られない光景だ。

茅
2022.6.19 15:20 PM

そんななかで、一番熟して種がもうすぐ飛び出しそうな穂。

茅
2022.6.19

これは、その直前と思われる穂。

茅
2022.6.19

そしてこれは、そのまた直前と思われる穂。

茅
2022.6.19

なお、このチガヤ(茅、茅萱)、六月末、夏越の大祓に用いられる「茅の輪」の原材料かと思ったが、茎も葉も短いので、おかしいなと思っていた。
調べてみたらやっぱり違うんだって。

茎の高さ葉の長さ花期
チガヤ(茅萱)30〜60cm20〜40cm6月
マコモ(真菰1〜2m50〜100cm8〜9月

でも、いずれもイネ科の多年草植物で、チガヤはイネ科チガヤ属、マコモはイネ科マコモ属 だそうだ。

撮影地点=地図

2022.6.19








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/2256-faa62fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)