京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

本当のエノキタケ

きょう、京都御苑(きょうとぎょえん)で冬の自然教室があったので参加した。

そこで連れてってもらったのが落ち葉の降り積った林の中にあるエノキ(榎)の木の切り株のところ。
冬にも色んなキノコが見られるという。
先生が指差して、これは『エノキタケ』です。

これが本当のエノキタケ
2014.1.26 10:16 AM

スーパーで売っているおなじみのエノキタケえぇ~っ !?
スーパーで売っている『エノキタケ』とはえらい違いだ。

いつもおいしくいただいているのは 白くて 長くて 頭に小さな傘がついていて密生している。
あれは正式には『モヤシエノキタケ』というのだとか。
へぇ~ !!

これが本当のエノキタケ
2014.1.26
上の写真、右側の円内を拡大したところ

『エノキタケ』は冬を代表する食用きのこ(・・・)で、英語で『エノキタケ』のことを Winter Mushroom というらしい。
そのモノずばりだ。

撮影地点=京都御苑内の東南部にある林の中
2014.1.26









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/226-5a763301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad