京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

穴の開いた桜の木

根元に穴の開いた桜の木に花が咲いていた。

穴桜
2023.3.27 12:50PM

この場所は、ことし1月23日に野生の鹿が迷いこんだとき、逃げ回った場所だ。

伐られた木
© 京都新聞 水沢啓介氏撮影(2020.1.23 午後)

ことしも咲いたなぁー、隣の上溝桜はまだだなぁー などと眺めていると一人の男性がしゃがんでカメラを向け始めた。
聞いてみると 「この穴が気になって、毎年写真を撮りにきてます、穴の中に、向こうを歩く人を入れて撮ってます」 と話してくれた。

穴桜
2023.3.27

なるほど・・・
この桜の木は、私が京都に来て京都御苑を歩くようになったころ見た木だ。( 記事は こちら、2014.4.2
いまも健在だ。
きょうは、満開を過ぎ、散り始めていた。

穴桜
2023.3.27

こちら( )は、2016年当時の様子。

2016.4.3
昔から穴が開いていた(2016.4.3)

撮影地点=地図

2023.3.27






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/2426-a384889c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)