京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

もみじと銀杏の風景

晩秋、ほかとは一足 遅く(●●) 美しい黄葉(紅葉)が見られるところがある。
どうかな?と思って覗いてみると、残念。 銀杏はほとんど散りつくしていた。

錦秋
2023.12.11 13:40 PM

ちなみに去年はと云うと、11月30日にレポートしていた。

inui_381.jpg
去年の様子
(2022.11.30 15:00 PM)

このときはまだ葉っぱは結構あって、そのときの記事には 「さっと一陣の風が吹くたびに、いちょうの葉がハラハラ舞っていた」 とあるので、散っている最中だったようだ。

銀杏
2023.12.11

太い幹からはパワーをもらえそうだ。

銀杏
2023.12.11

こちらは足下に散り敷くいちょうの葉っぱ。

銀杏
2023.12.11

ことしは、銀杏の黄葉には遅かったようだが、もみじの紅葉はみごとに赤い。

もみじ
2023.12.11

ちょうど銀杏の木の下なので、もみじの葉っぱの上に銀杏の黄色い葉っぱが乗っていた。

もみじ
2023.12.11

ことしの夏は猛暑と水不足で、きれいな紅葉はみられないんではないかと危惧されたが、とんでもない。

もみじ
2023.12.11

例年にも増して ことしの紅葉は見事なようだ。

もみじ
2023.12.11

撮影地点=地図

2023.12.11









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/2681-dc057e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)