京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

モミ(樅)の種

モミ(樅)の林を歩いていたら、足元に種がいっぱい落ちていた。

樅ノ木
2024.2.11 10:00 AM

あ、以前見たことのあるアレだ。
と思って過去のページを探したら、二年前にも同じような経験をしていた。

むかし
二年前にも同じような経験をしていた
(2022.3.5)

きょうも同様に、足元にはモミの種がたくさん散乱していた。

樅ノ木
2024.2.11

あのときと同じ特徴あるモミの種だ。

樅ノ木
2024.2.11

そのときの記事には 『これはモミの木の鱗片で、「種鱗(しゅりん)」 というものだそうだ』 と書いてある。
いま、そんなことすっかり忘れていた。

樅ノ木
2024.2.11

また 『その種鱗の裏側には、真ん中に〔ペン先のような形をした〕もう1枚の鱗片がついていて、それを「苞鱗(ほうりん)」というそうだ』 とも書いてある。
なるほど、そうだったのか。

樅ノ木
2024.2.11

まぁ あれは "ペン先" とも云えるし "木の葉" とも云えそうだなぁ。

樅ノ木
2024.2.11

でも、造形の妙である。

撮影地点=地図

2024.2.11







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/2724-cd7ea132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)