京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

人気の高い黒木二世

京都御苑には 私が密かに 『黒木二世』 と呼んでいる梅の木がある。
銘木で知られる 「黒木の梅」 が近年衰えを見せているが、苑内に似た花を咲かせる梅の木があり、これがいまの 「黒木の梅」 の次世代を担ってくれるかなと期待を込めてそう呼んでいる。
きょう通りかかったら、花も咲いてないのに人だかりができていた。

紅梅
2024.3.8 11:40 AM

写真を撮った人が去っていくと代わりの人が来る・・・ という繰り返し。
何がそんなに惹きつけるのか。
勿論この赤い蕾だろが、蕾が人を惹きつけるとは大したもんだ。

紅梅
2024.3.8

中にはすこしほころんでいる花もあった。(
色と云い、形と云い、梅の 『女王』 といったところか。

この梅、まだほとんどは蕾で、1分咲きまでもいかない。
満開の頃にはどんなに人気が出るのだろうかと 思いやられる。

紅梅
2024.3.8

ちなみに、こちら( )は去年、満開の頃の 『黒木二世』 であある。

去年
去年の満開の頃の様子
(2023.3.18)

まだ10日程先だ。

撮影地点=地図

2024.3.8










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/2736-006d97ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)