京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

雑草たち (Part 3)

「雑草という名の植物はない」 ― 昭和天皇の有名なお言葉。
その慧眼(けいがん)にはまったく敬服する。

4月下旬ともなれば、京都御苑(きょうとぎょえん)内の草地は春の草花が咲き乱れる。

一番目立つのがタンポポ。そしてウマノアシガタ、ムラサキサギゴケ・・・ 
この辺はすでにこのブログで紹介したので、きょう御苑内で見た草花から今年まだ紹介していないものを紹介する。

さきほど Part 1 で「コメツブツメクサ(米粒詰草)」「シロツメクサ(白詰草)」「オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)」を紹介した。
そして Part 2 で「マツバウンラン(松葉海蘭)」「ナズナ(薺)」「ムラサキカタバミ(紫片喰)」を紹介した。
今回は Part 3。

---------------------------------------

Part 3 のトップバッターはハルジオン(春紫菀)。
よく見かける雑草だ。
調べたら、大正時代に日本に入ってきた帰化植物だそうだ。

ハルジオン
2014.4.27 13:55 PM
撮影場所: 梅林近くの道端

ハルジオン
2014.4.27

この花がハルジオンだという証拠は、茎が中空になっていること。

harujion_832.jpg
2014.5.9

この写真は上記(2014.4.27)と撮影の日時が違うが、ハルジオンは苑内で盛んに咲いていて、いま最も目立つ“雑草”のひとつだ。

---------------------------------------

次はオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)。
こちらもよく見かける雑草だ。
調べたら、明治時代に日本に入ってきた帰化植物だそうだ。

オオイヌノフグリ
2014.4.27 13:55 PM
撮影場所: 梅林の草地

オオイヌノフグリ
2014.4.27

濃い藍色(?ほとんど黒)の葯が3つ見える。

---------------------------------------

最後はキュウリグサ(胡瓜草)。
調べたら、これも帰化植物だそうだが、ムギと一緒に日本に入ってきた非常に古い帰化植物だという。

kyurigusa_620.jpg
2014.4.27 14:00 PM
撮影場所: 梅林の草地

2014.4.27
















コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/303-1c107f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad