京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

かわいい野草

きょうは今にも降りそうな天気だったが、第三土曜なので国民公園協会のスタッフによる説明を聞きに行った。
国民公園協会の事務所は「閑院宮(かんいんのみや)邸跡」の建物にある。
その南側の日当りのいい広場に特別に入れてもらった。
1箇所、紫色のかわいい野草が群生していた。


2013.4.20

聞けば「ムラサキサギゴケ」という草だという。
こけ(苔)でもないのに「こけ」とは可哀そうな名前だ。
ウチに帰ってしらべてみたら、こけでもないのになぜ「こけ」というかの説明はなかったが、『花が紫色で、形がサギ(鷺)に似ているから』という説明はあった。


2013.4.20

紫色は分かるが、サギはちょっと想像できない。
よっぽど想像力の豊かな人が名づけたのか。
私は真ん中の白い部分が寿司ネタでポピュラーな「車海老(くるまえび)」に似てると思った。

次にスタッフの方がやや離れたところに導いて、これは何でしょうと問われた。


2013.4.20

誰も答えられなかった。
「ムラサキサギゴケの変種で、カワスミソウとかいろんな名前があって定まっていない」とのことだった。

さらにやや離れたところに違う花が咲いていた。


2013.4.20

これは「キランソウ」という野草だそうだ。
スタッフの方はよくご存じだが、とても花の名前は覚えられそうにない。

きょうはミドリのじゅうたんの上を特別歩かせてもらったが、花を踏まないよう気を使ってそーっと歩いた。

撮影地点=閑院宮邸跡の建物の南側の広場
2013.4.20









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/39-1923342f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad