京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

普賢象 (Ⅱ)

きょう、京都御苑(きょうとぎょえん)で春の自然教室が開かれた。
私にとってはもうおなじみとなった「出水(でみず)の小川」だが、その小川のほとりで先生から<普賢象桜(ふげんぞうざくら)>の説明があった。

『中に2本のめしべがあり、それが、普賢菩薩さんの乗っておられる象の(きば)のようだというので名づけられた』

ほほー。2本だから牙か。
先日(4月18日)見たのは1本だった。
【先日(4月18日)の記事は ⇒ こちら をクリックしてください。別の画面で開きます。】
そのとき、写真を撮っておられた方の説明は「象の鼻みたいでしょ」とのことだった。


2013.4.21

1本なら鼻。2本なら牙か。
うまいこと言うなぁ~。
感心することしきり。

そこで自然教室の先生に聞いてみたら、1本のこともある、とのこと。
ついでに「葉っぱになってるのもありますが・・・」と聞いたら「めしべが葉に変わるのもある」とのこと。
【葉っぱになっているのを見た記事は ⇒ こちら をクリックしてください。別の画面で開きます。】

結論として、めしべが1本でも2本でも、さらにめしべが葉っぱになっていても<普賢象桜>だと分かった。
きのう夜はけっこう雨が降ったが<普賢象桜>の花は大丈夫だった。
きのうから急に冷え込んだせいか花持ちがいい。

み~んな<普賢象桜>
2013.4.21





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/43-7e0820a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad