京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

どんぐり

苑内を歩いていたら、数を数えながらどんぐりを拾っている女性がいた。

どんぐりを拾う女性
2014.10.26 09:10 AM

近づいてみると、どんぐりがポトリ、ポトリと落ちてくる。
ちょうどいまが、どんぐりの落ちる最盛期らしい。

地面に落ちたどんぐり
2014.10.26

木を見上げたら、どんぐりはもうほとんど見当たらない。

葉っぱ
2014.10.26

わずかに殻()が残っている程度だ。
植物学の専門用語では「殻斗」(かくと)というらしい。

どんぐりの殻が残っている
2014.10.26

聞いてみると、勤め先の公共図書館でビーズを作るのに、材料となるどんぐりの数が足りないので下京(しもぎょう)から拾いに来たのだという。
それで数を数えていたのだった。

高さ15メートルほどもある大きな木
2014.10.26

このどんぐりの木は何というんだろう。
「シラカシ」という木かな・・・ ? と思うが、もとより自信がない。
高さ15メートルほどもある大きな木だった。

撮影地点=地図
2014.10.26

---------------------------------------

追記

この木は 『ツクバネガシ(衝羽根樫)』 だそうだ。










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/434-b0f0c1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad