京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

藤 (Ⅱ)

きょうは第一土曜なので国民公園協会の説明を聞きに行った。
私がスタッフの方に「桜が終わって京都御苑(きょうとぎょえん)の花も一段落ですね」と話題を持ちかけたところ、『藤が咲いてますよ』という。
場所は近衛(このえ)邸跡だとのこと。
あそこは桜の頃何度も行った場所だが全然気づかなかった。

説明会が終わって早速見に行った。
あった、あった。
道を曲がった先だったので気づかなかったのだ。
でも想像していたような「藤棚」ではなかった。
うっそうと繁っているのでよくは分からないが、藤のつるが近くの大木に絡んで伸びているようだった。


2013.5.4

高さは15メートル位かもっとありそうだ。
なかなか壮観だ。
しかもこの写真のところだけじゃぁなくて、ずーっと右のほうへも広範囲に連らなっている。
通りかかる人も大抵はこの珍しい壮観な様子に立ち止まり、カメラを向けていた。

藤といえば「藤棚」と相場が決まっているが、こちらは伸びるにまかせてあるようだ。
「藤棚」が飼いならされた藤だとしたら、こちらはいわば“野生”の藤といったところか。

どこからどないして生えているのか気になったが、ふもとは“(さく)”があって入れないようになっていた。
しかしよく見ると藤の木(幹というのか)がからみあって上に伸びていた。
こんな調子で何本もの藤の木があるのだろう。
そして成長して自由奔放に広がったみたいだった。

“野生”の藤に感動して帰ってきた。

“野生”?の藤の写真の場所。藤はこの北にもずーっと連なっている
2013.5.4












コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/55-d889f151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad