京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

どんぐり(アラカシ)

アラカシのどんぐり(2014.10.10)アラカシの木に近づいて見たら、どんぐりの “赤ちゃん” がなっていた。

去年の秋にはたくさんの どんぐり がなっていたアラカシの木だ。 (写真は 2014.10.10  
これから4か月かけてあんなに大きくなる。

どんぐり(アラカシ)
2015.6.14 14:30 PM

どんぐり(アラカシ)
2015.6.14

ふと見ると葉っぱの裏に、何かの卵と生まれたばかりの幼虫がいた。
何の幼虫かわからないが、テントウムシみたいなまあるい体をしていて、赤茶と黒の縞模様がきれいだ。
卵の数が12個、幼虫が12匹。ちょうどいま孵化(ふか)したばかりのようだ。
ちょうど1ダースというのが面白い。
見ようによってはきれいだが、気味悪くもある。

何の虫だろう
2015.6.14

虫の名前はあとで調べるとして・・・ とりあえず写真を撮っておいた。
他の葉っぱにもないかなぁ、と探したが見当たらなかった。

撮影地点=朔平門の向かい側
2015.6.14
---------------------------

追記 2015.6.16
幼虫の名前が分かった。
クサギカメムシという虫の若齢(じゃくれい)幼虫【初齢幼虫ともいうらしい】で、孵化(ふか)して間もない状態だそうだ。
なお、クサギカメムシは成虫になると2cm近くになり、果樹などの農業害虫として、また悪臭を放つので不快害虫として有名なのだそうだ。
そうだったのか !! (2015.6.16)











 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/565-e8917ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad