京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

キバラヘリカメムシ

キバラヘリカメムシがいた。
去年と同じマユミの木だ。( こちら、2014.8.3

キバラヘリカメムシ
2015.8.1 09:50 AM

カメラを向けると葉の裏に隠れたり飛び去ったりする。
結構警戒心が強いのらしい。

交尾しているのもいた。
カメラを向けたら “連結したまま” 走り去っていく。
器用なのに感心した。

キバラヘリカメムシ
2015.8.1

こちらはマユミの木だが、()(から)?)がたくさん成っていた。
10月下旬にはこの殻がはじけて、中から真っ赤な()(たね)?)が出てくると思うのだが・・・ 

マユミの実
2015.8.1


マユミの木
2015.8.1


撮影地点=西園寺邸跡
2015.8.1

---------------------------

追記 2015.8.30

きょう、上記のマユミの木に立ち寄ったら、やっぱりキバラヘリカメムシがたくさんいた。
キバラヘリカメムシはマユミの木が好きらしい。

そして・・・・・ よく見ているとキバラヘリカメムシ以外に、背中が黄土色した虫もいた。

キバラヘリカメムシの幼虫
2015.8.30 10:10 AM

黄土色の背中に黒い点が縦にふたつついている。
黒い点からトゲが出ている。
両側にも暗い斑点が並んでいる。
へぇー、何ていう虫だろう。

キバラヘリカメムシの幼虫
2015.8.30

写真を撮って帰ってウチで調べたら、なんとキバラヘリカメムシの幼虫だという。
上の写真では黄土色のほう(幼虫のほう)が大きく見える。
しかも、幼虫とおとなでこんなに(色や形が)違うのか。
自然界はそういうもんらしい。

2015.8.30





















コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/589-dab399d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad