京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

樟(くすのき)

きょうは第三土曜なので国民公園協会の説明を聞きに行った。
説明会の後半は京都御苑(きょうとぎょえん)で見られる植物の説明があるので、このブログを書くための参考にさせてもらっている。

ガイドの方が拾翠亭(しゅうすいてい)の玄関に続く細い道の入口の手前左側(「A地点」)に植わっている木のところに案内された。

「この時期、独特のとてもいい匂いをふりまく木です」という。
葉っぱを取ってくしゃくしゃ揉んで「嗅いでみてください」と説明された。
樟脳の匂いがするらしいが、私には匂いがよく分からなかった。

樟脳の「樟」はクスノキと読む。

いまはまだ花が咲きそろっていないそうだが、「咲きそろう頃には近くを歩くとよく匂ってきますよ」とのことだった。

楠(くすのき)
2013.5.18
「A地点」のクスノキの花

下は、この木とは別の「C地点」のクスノキで撮った花。

楠(くすのき)の花
2013.5.18
「C地点」のクスノキの花

またクスノキは「この時期、新しい葉がでて、古い葉が落ちます」「この時期にクスノキの下に来ると落ち葉がいっぱい落ちてます」と。
確かにクスノキの下付近だけ落ち葉がいっぱい落ちていた。

「落葉樹だけどこのように生え変わるので常緑樹に見えます」と。
「この時期、クスノキは新しい葉が出ますので、遠くから見ると浅い色に見えます」という。
それが遠くから見てクスノキを見つける方法だという。

ガイドの方の説明だと、樟(くすのき)は非常に大きくなる木で、全国各地にクスノキ(楠とも書く)の巨木があり、鹿児島県には日本一の大楠(おおくす)があるという。
そこでウチに帰って当時の新聞記事切り抜きを探してみたら、あったあった。
平成元年・環境庁「全国の巨樹・巨木林調査」結果発表を報じる当時の新聞記事
朝日新聞(東京)朝刊 1989.6.17 p.30

この調査は今から24年前の調査だが、この鹿児島県蒲生(がもう)町のクスノキは今でも巨木日本一の座は変わらないらしい。
なお、この新聞記事には全国巨木トップ10が出ているが、10本のうち9本はクスノキが占めている。
やっぱりクスノキ非常に大きくなる木なんだということが分かる。

ガイドの方によると宗像(むなかた)神社の境内には樹齢数百年のクスノキがあるという。
さっき、新しい葉が出るので遠くから見ると浅い色に見えると聞いたが、神社に向かうと、正面の鳥居の右上にやや浅い色で繁っているのがあり、すぐ「あ、あれがクスノキや」と分かった。

宗像神社のクスノキ
2013.5.18
宗像神社「B地点」

宗像神社のクスノキの幹には“しめ縄”が巻いてあった。
ご神木としてあがめられているのだろう。

撮影地点=地図
2013.5.18







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/60-1ec3c847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad