京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

大文字の送り火

定番の撮影地点きょうは京都の年中行事のひとつ、五山(ござん)の送り火があった。
京都御苑(きょうとぎょえん)へ、五山(ござん)のひとつ大文字(だいもんじ)の送り火を見に行った。

京都御苑内で大文字を見るのに 『定番』 といわれる場所は清水谷家の大(むく)付近。

多数の報道関係者やプロ/セミプロと思われる写真家が三脚を立てて陣どっていた。
辺りには一般市民も多く、観光バスで見に来た団体客も混じって混雑し、さすがに 『定番』 といわれるだけのことはあった。

「大」の文字辺りで明るい火がチカチカしたかと思ったその次の瞬間に「大」の文字が描き出された。
時計を見たら午後8時ぴったり。
辺りからワーッというざわめきが起こった。

何度見ても形の整った「大」の文字で、習字のお手本のようなその達筆に感心する。
三筆(さんぴつ)のひとり弘法大師さんが書かはったという説が生まれたのもうなづける。

---------------------------

ところで今年は趣向を変えて違う場所から大文字を見てみようと、200メートルほど南の出水口(でみずぐち)といわれるところへ急いで移動した。
そこで撮ったのがコレ。

出水口から見た大文字
2015.8.16 20:11 PM
出水口から見た大文字

こちらでも『大』の字はよく見えたが、左側(『大』の第一画左側) が見えにくいし、下は木の茂みにかかっている。
山の稜線も僅かしか見えない。
やはり先ほどの 『定番』 よりは見劣りするようだ。
清水谷家の大椋付近が 『定番』 といわれるだけのことはある、と思った。

追加写真
昼間の大文字
これは上の写真の撮影地点から昼間に撮った写真 (2015.8.22 16:35 PM)

送り火が終わって間もなく雨が降り出した。
昼間の猛暑も去ってやや涼しくなった。

これでお盆が終わり、京都はこれから秋になる。
暦通り涼しくなってくれるといいのだが。

撮影地点=大文字の撮影地
ことしの大文字の撮影地=出水口
2015.8.16











コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/601-9d6d5476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad