京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

椎の実、樫の実

苑内の鷹司邸跡に大きな椎の木がある。スダジイだ。
その木の下で女性が椎の実を拾っていた。

スダジイ
2015.10.14 12:50 PM

スダジイ
2015.10.14

もうこんなに溜まった、と袋の中を見せてもらった。

スダジイ
2015.10.14

女性の話だと、スダジイは ご飯に混ぜて炊いたら 栗ご飯みたいでおいしいという。
去年、私は鍋で炒って皮をむいて食べたことがある。( 詳しくは こちら
ご飯に混ぜて炊くのは初めて聞く話だ。
どうして皮をむくんですかと聞いたら、2~3日 ()に当てて乾かしたら 自然に皮が割れてくる、とのことだった。
へぇー、いろんな楽しみ方があるんだな・・・ と思いながら目を移すと、少し離れたところで、やはりしゃがんで何かを拾っている女性がいた。

ウバメガシ
2015.10.14 12:50 PM

こんどはこの女性に声を掛けたら、日本語がわからないという。

ウバメガシ
2015.10.14

何を拾っているのか聞いたら、紙切れを出して 「ウ・バ・メ・ガ・シ」 だという。
紙切れには京都御苑の地図と樹木の名前が書いてあった。
カタカナは かろうじて 読めるのだという。

これが、彼女が見せてくれた、拾ったどんぐり(ウバメガシの実)と葉っぱ。

ウバメガシ
2015.10.14

ウバメガシの木はこれ、と指差してくれた。
しかし、木にはどんぐりがほとんど残っていなかった。
あらかた落ちたみたいだった。

ウバメガシ
2015.10.14

ウバメガシの どんぐりを このブログ「京都御苑の四季」でレポートするのは初めてなので、しげしげと眺めていたら、その女性が くだんの紙切れを取り出し、カタカナを拾いながら 「チ・リ・メ・ン・ガ・シ」 があっちにあると指差してくれた。

チリメンガシ
2015.10.14 12:55 PM

こちらもウバメガシと同様、木にはどんぐりがほとんど残っていなかった。
そして、足元には チリメンガシ のどんぐりがたくさん落ちていた。

チリメンガシ
2015.10.14

チリメンガシ もこのブログ「京都御苑の四季」でレポートするのは初めてだが、この木がここに植わっていることは 環境省の T さんから聞いていて知っていた。
でも、この日本語のほとんどわからない女性から チリメンガシ を教えてもらうとは思ってもみなかった。
この女性は何者か?

チリメンガシ
2015.10.14

チリメンガシ
2015.10.14
こちらはチリメンガシの全樹形

ウバメガシのどんぐりを拾い終わった女性が 自転車で 帰りかけたので、「京都に住んでいるのか」聞いてみた。
すると意外にも、これから関西空港経由で台湾に帰るという。

へー 台湾からどんぐりを拾いに京都御苑に来たのか・・・
自転車は京都の五条で(御所で?)借りたという。

京都御苑の地図とどんぐりの名前が書いてある紙
2015.10.14 13:05 PM
彼女が持っている紙にはどんぐりの名前と京都御苑の地図が書いてあった

京都御苑の地図とどんぐりの名前が書いてある紙
2015.10.14

女性は自転車で去って行った。
台湾からどんぐりを拾いに京都御苑に来た理由など聞きそびれた・・・

撮影地点=地図
2015.10.14

















コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/656-6722ae2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad