京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

晩秋の風景

1週間ぶりに京都御苑(きょうとぎょえん)を訪れた。

ここは以前も「晩秋の風景」として紹介した、乾御門の北の方のところ。
こちら、2013.12.15

乾御門の北、晩秋の風景
2015.12.12 10:10 AM

乾御門の北、晩秋の風景
2015.12.12 10:20 AM

銀杏の葉っぱが降り積もり、もみじが紅葉していた。

カメラファンと(おぼ)しき人に聞いてみたら 『毎年ここに(写真を撮りに)きます』 とのこと。
たしかに絵になる風景だ。

と、そこへ自転車に乗った外人女性が1人で来た。
カメラのシャッターを押してあげた。
「キレーな景色だ」と感激していた。
聞けば、3か月間だけ京都に来ているという。
短期留学かと思ったら、夫について京都に来たとのこと。
夫はドイツの自動車部品メーカー BOSCH 勤務で、次世代リチウムイオン電池開発で合弁相手の GSユアサに来ているのだそうだ。(GSユアサ の前身、日本電池は京都の会社)

「きょうは土曜で会社は休みじゃないの」 と聞いたら 「(この景色を夫に見せたいので) 夫を連れてくる」 と言ってきびすを返して自転車を飛ばして行ってしまった。

銀杏の落ち葉
2015.12.12

足元には黄色の絨毯が広がっていた。
よくみると、欅(けやき)の葉っぱも混じっていた。

銀杏の落ち葉
2015.12.12

しばらくすると陽が照ってきた。
あたりがパーッと明るくなって、色が一段と鮮やかになった。

乾御門の北、晩秋の風景
2015.12.12 11:20 AM


撮影地点=地図
2015.12.12













コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/686-108e8b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad