京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

サクラの生命力

京都御苑(きょうとぎょえん)の春はまだ遠い。
きょうの京都は最高気温が6℃になったというがときどき薄日が差す程度で寒かった。
御苑を見て回ったがウメの数株がほころんだ程度だ。

その中で家内がサクラの古木に目を留めた。【下の地図 a地点】
幹は皮だけを残しで本当に無残な姿だ。

2013.2.17_おどろくべき生命力
2013.2.17
(つえ)に支えられてやっと命脈を保っているという痛々しい姿だ。
環境省の方もお世話が大変だろう。
その甲斐あってか、上のほうの枝振りはなかなか旺盛のようだ。
4月になったら花いっぱいになるんだろう。
そのときが楽しみだ。

【追記】 その後の様子
◆ 開花寸前(2013.4.1) ⇒ こちら をクリックすれば別の画面で開きます。
◆ 満開(2013.4.5) ⇒ こちら をクリックすれば別の画面で開きます。

しばらく行くと今度はサクラの切り株から若い枝が噴出してきているのを見つけた。【下の地図 b地点】

2013.2.17_若い力がみなぎっている
2013.2.17
すばらしい生命力だ。
みごとな世代の交代だ。
こうして生命は引き継がれていく。
家内はいたく感心しながらカメラのシャッターを切った。

2013_2_17_撮影地点
2013.2.17












コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/7-1d689c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad