京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

西洋ザイフリボク(ジューンベリー)

季節は移り、6月になった。
きょうは第一土曜なので国民公園協会の説明を聞きに行った。
説明会の後半はその季節の京都御苑(きょうとぎょえん)で見られる植物の説明があるので、このブログを書くための参考にさせてもらっている。
きょうのガイドツアーの最後に「赤い()をつけた木がありますからご案内します」と言って連れてきてもらったのがこれ。

西洋ザイフリボク(ジューンベリー)の木
2013.6.1
赤い実がなっているのがよく分かりませんが
クリックして現れる別の画面を拡大すると実が見えます

近づいてよく見ると鮮やかな赤い実がついていた。
白い(ちょっとクリームがかってる)のはこれから赤くなるのか。

西洋ザイフリボク(ジューンベリー)の実
2013.6.1

これは西洋ザイフリボクという木で、ジューンベリーともいうという。
日本語でいうと6月の果実という訳か。

なお、日本のザイフリボクの()は秋の9月か10月頃になる、との説明だった。
以前このブログで私は『日本のザイフリボクは実がならない、との説明だった』と書きましたが、私の聞き間違いでした。実がならないんじゃなくて、正しくは“実のなる時期が違う”ということです。説明員の方にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申しあげます。 (2013.7.6 追記)

京都御苑はしばしば来ているのだが、花が咲いたのは気づかなかった。
(どんな花だったんだろ)
来年の楽しみだ。

ベリーというからには、食べたらおいしいんだろうか。
残念ながら口にしなかった。

撮影地点=出水の小川の東側緑地
2013.6.1









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/73-36fa3ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad