京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

初夏の夕暮れ

京都は陽が落ちるのが遅い。
といってもそれは東京など東日本に比べてのはなしで、日本標準時の子午線は京都より西(兵庫県の明石など)にあるので、標準時子午線から比べたらまだ早いのだが・・・

きょうは、夕暮れどきに京都御苑(きょうとぎょえん)を歩いてみた。
下の写真は陽が西に傾き、散策する人の数もめっきり減った午後6時10分頃の京都御苑。 
夏至も近づいてきたので陽は西から北に傾いている。

夕暮れの建礼門を遠くから望む
2013.6.3

向うの正面に見えるのは建礼門。京都御所の南の正門だが開いたことがない。
うしろに重なって見える大きな屋根は紫宸殿。
その後ろに京都・北山の稜線が見えるのがいい。
九条邸跡から真北を見たところだ。
下の写真は真北からカメラを東に振って、パノラマで撮った午後6時10分頃の京都御苑。 
このブログサイトの横幅の関係でかなり縮小してある。
画面をクリックしていただいたら、別の画面で現れる画像をさらに拡大して表示してみてください。
ゆ〜っくり見ていただいたら、夕暮れ時で静寂を取り戻しつつある京都御苑の雰囲気に浸れると思います。

初夏の夕暮れ。北~北東~東を見たところ
2013.6.3
クリックすると別の画面で詳細画像が開きます
それを拡大すると画像がシッカリ見られます
幼児が二人、路上で遊んでいるのが見えますか

初夏の夕暮れ。北~北東~東を見たところ

2013.6.2







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/75-29e17961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad