京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)

きょう京都御苑(きょうとぎょえん)に行ったら、以前から園内のあちこちに生えていた植物が 赤紫色の花をたくさんつけていた。

endoh_127.jpg
2016.4.22 12:10 PM

どうも 豆類の植物のように思えるが、なんという植物かよく分からない。
それで 例によって写真を撮ってウチに帰った。

endoh_128.jpg
2016.4.22

植物の名前は、ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)。またの名をカラスノエンドウ(烏野豌豆)という、という。
なるほど、エンドウ豆か。
そういえば、そんな感じだ。

endoh_129.jpg
2016.4.22

ところで、なんでヤハズ(矢筈)というのかと言えば、『小葉の先端がくぼんでいて、弓矢の弦を受ける部分(矢筈)に似ていることからつけられた』 という。

yahazu_130.jpg
小葉の先端がくぼんでいるのが矢筈に似ているという

矢筈と言われたって弓矢のどの部分のことかよく分からないので、図解してみた。(

撮影地点=地図
2016.4.22










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/775-cd622c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad