京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

杜若(カキツバタ)

ことしも 杜若(カキツバタ) が咲く季節となった。

カキツバタ
2016.5.7

いま ちょうど見ごろのようだ。
独特のムラサキと、葉の緑が目にやさしい。
都会の昼間なのに 辺りは静寂につつまれていた。

カキツバタ
2016.5.7

杜若(カキツバタ) は古来より
『いずれ あやめか かきつばた(何れ菖蒲か杜若)』
(はや)されるように、似ているものの例えに言われる。
尤も、正しい意味は「どちらも優れていて、(優劣がつけにくくて) 選択に迷うことのたとえ」で、単に、似ているだけのたとえではないそうだ。
その上、アヤメ、カキツバタの他に ショウブ(漢字は菖蒲) も加わり 三つ巴となって紛らわしい。

その中で、水辺に咲くのはカキツバタだそうだ。

撮影地点=地図
2016.5.7

---------------------------

追記 2016.5.15

上でレポートしたとき(2016.5.7)から1週間が経った。
けさ、同じカキツバタを覗いてみたら、あのときより花がたくさん咲いていて見ごたえがあった。

きょうは5月15日で、京都御苑は「葵祭」の「路頭の儀」の出発地なので、とてもにぎわっていたが、しかしこの辺りは別世界で いつもの 静寂につつまれていた。

カキツバタ
こちらは1週間後、けさ 2016.5.15 08:40 AM


カキツバタ
2016.5.15


2016.5.15










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/796-c739e0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad