京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ムクロジ (2)

きょうは夕方になって京都御苑(きょうとぎょえん)に行った。

2週間ほど前(2013.6.1)に「ムクロジ」という木を見たとき、花が咲く直前だった。
そろそろ咲く頃かなと見に行ってみると満開(?)だった。

きょうのムクロジ
2013.6.18

ちなみに2週間ほど前(2013.6.1)はこんな状態だった。
【2013.6.1 ⇒ こちら をクリックしてください。別の画面で開きます。】

2週間ほど前(2013.6.1)はこんな様子
2013.6.1

満開(?)とクエスチョンマークを付けたのには訳がある。
初めて見るので、これが花なのか、また満開なのかよく分からないからだ。
ふつう世間で鑑賞される「花」とはずいぶん趣きが異なる。

その花の下には黄色い粉みたいなのが広がっていた。
(夕方でしかも曇っていたので鮮やかさに欠けるが)

花の下には黄色い粉みたいなのが
2013.6.18

それをよく見ると、うん、やっぱり「花」だ。

よく見れば「花」だ
2013.6.18

見ているときも「花」からこの黄色いの(植物学的に何ていうのか知らないが)がポトポト落ちていた。
いままさに「満開」(或いは「花盛り」)というべきなのかもわからない。
咲いている状態はこれ。

ムクロジの花盛り
2013.6.18

この花を撮っていると色んな虫が寄ってきていた。
ハチもいた。
この木の周りを仕切って「ハチに注意」との札が下がっていた。
管理する環境省の方も世話が焼ける。
ミツバチがこの「花」の密を集めに来るんだろうか。
花は(人間の)観賞用とは言い難いが、ハチミツとして役に立ってるんだ。と思った。

ムクロジのある場所
2013.6.18











コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/86-83bebb86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad