京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

ゴマダラチョウ

きょう、京都御苑(きょうとぎょえん)自然教室があったので聞きに行った。

教室は、植物、昆虫、野鳥、きのこの部にわかれているが、昆虫の部では、担当の T 先生が 「エノキ(榎)の根元の落ち葉の裏にチョウ(蝶)の幼虫が見つかるかもわからない」 と言って、大きなエノキのところに移動した。

いれば、それは ゴマダラチョウ や オオムラサキ といった チョウ(蝶) の幼虫だという。

われわれ20~30人が落ち葉をがさごそと探し回ったが見つからない。
先生は大きな写真パネルを頭の上に掲げて 「こんな幼虫です」 と言われるが、それでも見つからなかった。

・・・・・ ややあって、私が 葉っぱの裏でじっとしている 幼虫 を見つけた。

ゴマダラチョウの幼虫
2017.1.22 10:20 AM
もともと葉っぱは裏返っていたが、これはそれをひっくり返したところ

先生は 「おぉ、見つかりましたか。 それはゴマダラチョウの幼虫です。」 と。
きのう(2014.1.11)の状態そして 「運がよかったです。」 と言ってもらった。

そうだ、ずっと以前も京都御苑で ゴマダラチョウの幼虫を見せてもらったことがあった (2014.1.11)。

あのときは、ガイドの方があらかじめ見つけておかれたものだったが、今回はこっちが見つけた。

きょうの幼虫も 冬眠中なのか、じっとしている。

ゴマダラチョウの幼虫
2017.1.22

ひとしきり みんながカメラに収めたところで、先生の 「元通りにしておいてください」 のことばにしたがって、また根元の落ち葉が降りつめっているところにそ~っと戻しておいた。

ゴマダラチョウの幼虫
2017.1.22

その “大きなエノキ” というのは、この木のこと。
3本ほどの木が合体したのか、複雑な形をしていた。

エノキの大木
2017.1.22

撮影地点=地図
2017.1.22










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/934-2d017731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad