京都御苑の四季

四季の移ろい・主に植物観察

黒木の梅

京都御苑には『梅林』があって、そこではいま白、ピンク、赤と咲きそろっいる。
中には、まだ (つぼみ) だという遅い梅の木もある、

さて、その苑内、『梅林』からやや離れた、明治維新までは九条家のお屋敷があったところに「黒木の梅」という有名な緋梅がある。
どんか具合かな?と思って見に寄ったら、まだ全然咲いていなかったが、望遠レンズ付きの立派なカメラで黙々と写真を撮っている男性がいた。
「いい写真が撮れましたか?」と水を向けても返事がない。

黒木の梅
2017.2.25 11:45 AM

どうしたんだろ、と思って梅の木に近づいてみたら、真っ赤な大きな (つぼみ) が枝いっぱいについていた。

黒木の梅
2017.2.25

(くだん)の男性はこの真っ赤な(つぼみ)を狙っていたのだろう。
びっくりするほど赤かった。

黒木の梅
上の写真の一部を拡大した図

満開は例年3月中旬だ。

撮影地点=地図
2017.2.25











コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozora352.blog134.fc2.com/tb.php/947-1b960b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad